STREAM DEW 2009展 セッション3

「ものづくりの現在(いま)」について│藤本壮介 2

藤本壮介

2009年12月18日 INAX:GINZA 8Fセミナールーム MP3 11.4MB 25'00''

PLAY

藤本──僕は北海道の出身なのですが、東京に出てきたときに、自分の家と外がなんだか連続している感じがあったんですね。北海道だとドアを開けた瞬間にマイナス20度くらいになっていて、あわてて戸を閉める。そういう内外のハッキリしたコントラストがあるのですが、東京の場合は開けてもぬるくて、どこかに放り出された感じはしない。それは快適だな、面白いなとずっと思っていたんです。......家とまちが何か身体的に連続感を持っている。それが不思議だなと思っていたので、都内で集合住宅をつくる話しがあったときに、その感覚を、自分なりの東京感みたいなものを建築にしたいと思ったんですね。......

※2009年12月18日〜24日までINAX:GINZAにて行なわれた「清水建設 stream DEW 2009展」の関連イベントとして行なわれた講演会記録です。

出演者プロフィール

藤本壮介
1971年北海道生まれ。1994年、東京大学工学部建築学科卒業。2000年、藤本壮介設計事務所設立。京都大学・東京理科大学・昭和女子大学非常勤講師。主な作品に《Primitive Future House》(2001)《T house》(2005)、《house N》(2008)ほか。著書に『藤本壮介│原初的な未来の建築』(INAX出版、2008)。
http://www.sou-fujimoto.com/
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕