STREAM DEW 2009展 セッション2

「ものづくりの現在(いま)」について│藤本壮介 1

藤本壮介

2009年12月18日 INAX:GINZA 8Fセミナールーム MP3 13.4MB 29'12''

PLAY

藤本──......先ほど下の展示を拝見させていただいて、ものすごい規模と完成度と迫力をまのあたりにしました。今日はよくばっていろいろなプロジェクトをもってきたのですが、僕のつくっているものは小さいものが多いので、いい加減にやってるように見えたら嫌だなと思っているのですが、一生懸命やっていますので、あたたかく見ていただければと思います。......いつもお話するときに、僕は巣と洞窟の話しをするんですね。どちらも建築の始まりというか、原形的なものですけれども、意外と違うものだなと考えています。......

※2009年12月18日〜24日までINAX:GINZAにて行なわれた「清水建設 stream DEW 2009展」の関連イベントとして行なわれた講演会記録です。

出演者プロフィール

藤本壮介
1971年北海道生まれ。1994年、東京大学工学部建築学科卒業。2000年、藤本壮介設計事務所設立。京都大学・東京理科大学・昭和女子大学非常勤講師。主な作品に《Primitive Future House》(2001)《T house》(2005)、《house N》(2008)ほか。著書に『藤本壮介│原初的な未来の建築』(INAX出版、2008)。
http://www.sou-fujimoto.com/

STREAM DEW 2009展 セッション3

「ものづくりの現在(いま)」について│藤本壮介 2

藤本壮介

2009年12月18日 INAX:GINZA 8Fセミナールーム MP3 11.4MB 25'00''

PLAY

藤本──僕は北海道の出身なのですが、東京に出てきたときに、自分の家と外がなんだか連続している感じがあったんですね。北海道だとドアを開けた瞬間にマイナス20度くらいになっていて、あわてて戸を閉める。そういう内外のハッキリしたコントラストがあるのですが、東京の場合は開けてもぬるくて、どこかに放り出された感じはしない。それは快適だな、面白いなとずっと思っていたんです。......家とまちが何か身体的に連続感を持っている。それが不思議だなと思っていたので、都内で集合住宅をつくる話しがあったときに、その感覚を、自分なりの東京感みたいなものを建築にしたいと思ったんですね。......

※2009年12月18日〜24日までINAX:GINZAにて行なわれた「清水建設 stream DEW 2009展」の関連イベントとして行なわれた講演会記録です。

出演者プロフィール

藤本壮介
1971年北海道生まれ。1994年、東京大学工学部建築学科卒業。2000年、藤本壮介設計事務所設立。京都大学・東京理科大学・昭和女子大学非常勤講師。主な作品に《Primitive Future House》(2001)《T house》(2005)、《house N》(2008)ほか。著書に『藤本壮介│原初的な未来の建築』(INAX出版、2008)。
http://www.sou-fujimoto.com/

第13回TEPCO快適住宅コンテスト提案部門

入選作品クリティーク 前編│永山祐子

永山祐子+松田達+高橋卓・木下康理・伊藤孝仁(東京理科大学)

2009年12月20日 建築会館ホール MP3 5MB 10'53''

PLAY

松田──各賞が決定し、東京理科大学の高橋君、木下君、伊藤君の作品が優秀賞を受賞しました。彼らの作品を推した永山祐子さんに審査評をお願いしたいと思います。
永山──ベッド下空間の面白さに気付いて、プライベートなもので埋め尽くされたベッド空間を噴出させ、ひとつのビルのような形を形成させた。それがまちを形作っているようで、都市を見ているような印象を受けました。[現代都市には、]変な勢いで都市が生まれて来るようなエネルギーを感じるのですけれど、[彼らの作品にも]実際に起きているような物語性を感じてそこに圧倒されました。......

出演者プロフィール

永山祐子 1975年、東京都生まれ。1998年に昭和女子大学生活美学科を卒業後、青木淳建築計画事務所に入所。2002年永山祐子建築計画事務所設立。主な作品に、《afloat-f》(2002)、《ルイ・ヴィトン京都大丸店》(2004)、《丘のある家》(2006)など。
http://www1.odn.ne.jp/yukon/index.html//

前田紀貞インタヴュー

テン年代の建築を考える

前田紀貞+能作文徳+403 architecuture
 +五十嵐太郎+南泰裕+倉方俊輔+松田達+大西麻貴

2010年3月14日 建築サロンTENZO(典座) MP3 14.1MB 30'54''

PLAY

倉方──まず、なぜTENZOをつくろうと思ったのかお聞きしたいと思います。
前田──オープンしたのは2月1日です。そもそも1年半くらい前にここで建築塾を始めたのです。昼間は設計演習や建築論を教えていたのですけれど、その後、宴になって飲みますよね。そして宴での話のほうが、塾生たちにずっと染みていたのです。それだったら、と思いついて始めました。......一般的な講演会にはみな、気を張って来るではないですか。でも、本当の話はそのようなところからは出ないと思うのです。本音で語れる場所があったほうが建築界も良くなるだろうと。本音をぶつけないかぎりは、文化は先にいかないと思うのです。

出演者プロフィール

前田紀貞
1960年東京生まれ。建築家
1985年に京都大学工学部建築学科を卒業後、1985年から1990年までに大成建設設計本部。 1990年より前田紀貞アトリエ主宰。現在、日本大学理工学部、法政大学工学部、東京理科大学工学部で非常勤講師を務める。1995年、《SEIJO》で東京都建築士事務所協会住宅賞 受賞、2008年、《INAX:GINZA》でディスプレイ産業賞 経済産業大臣賞 受賞。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~norisada/
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕