『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』をめぐって 4

現代編 第二部「都市の変容」

松田達+五十嵐太郎ほか

2010年1月18日 南洋堂書店 N+ギャラリー MP3 12.9MB 28'04''

PLAY

松田──このパートは、一番分量が少ないのですが、特徴的なのは、すべて五十嵐さんが旅行したときの話しではじまっているんです。世界各国、いろんな場所の話があります。この本の帯に明快なひとことが書かれていますが、まさにこのパートは、「建築を通じて『世界』を測定する試み」なのだなと思いました。......さらに「公共空間」「文化戦略」「予防監視」「都市名所」の4つの章にわかれていますが、これらを通じて、現代都市を読み解く試みがなされているのだなと受け取りました。



『建築はいかに社会と回路をつなぐのか』
著者:五十嵐太郎
発行:彩流社
発行日:2010年1月20日
サイズ:288頁
価格:2,310円(税込)
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕