山崎泰寛インタヴュー

建築外からのモチベーション 保健室から建築へ

山崎泰寛+松田達

2009年10月10日 京都(鴨川を臨むカフェのテラス) MP3 19.4MB 28'16''

PLAY

松田──山崎さんは、建築出身ではないのに、建築や空間に興味を持って建築雑誌の編集もしています。さらに建築関係の課外活動もしていますが、こういったモチベーションはどこから生まれているのでしょうか。
山崎──保健室の研究をしている時に建築は面白いと気づいたのです。研究では、保健室が都市的に位置づけられるということがわかりました。学校制度のなかにおさまりきらない、もしくは制度のなかでは否定されるようなことが保健室では受容される。保健室には制度内制度のような空間があるのです。......

出演者プロフィール

山崎泰寛
1975年生まれ。編集者。横浜国立大学大学院教育学研究科、京都大学大学院教育学研究科修士課程修了。SferaExhibition/Archiveを経て、建築ジャーナル編集部勤務。藤村龍至とroundabout journal共同主宰。主な論考に「葛藤する家具」(10+1 No.18、INAX出版、1999)、「都市は学校でつくられる」(10+1 No.29、INAX出版、藤村龍至と共著、2002)など。
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕