セシル・バルモンド インタヴュー1

「エレメント」展について

セシル・バルモンド+野村しのぶ(東京オペラシティアートギャラリー)+松田達

2009年10月18日 東京オペラシティアートギャラリー MP3 18MB 26'12''

PLAY

松田──今日は東京オペラシティアートギャラリーにて、セシル・バルモンドさんにインタヴューします。来年この場所で開かれる展覧会のコンセプトと概要についてお話いただければと思います。
バルモンド──東京での展覧会は「エレメント」というものです。エレメントとしての自然という考えに対して、抽象的なエレメントです。建築家としてわれわれがデザインするとき、抽象化を経てから現実化します。このギャラリーでは二種類の空間を見せたいと思います。ひとつは自然についてのもので、絵画やドローイングから生まれてきた川、水などあらゆるものです。もうひとつはそれと対照的に、抽象的なインスタレーションです。フラクタルがどのように見えるかということも日本の皆さんにお見せしたいと思います。フラクタルについてわれわれは多く話しているのに、その意味をあまり知らないからです。フラクタルがどのようなものかわかる部屋をつくります。もちろん私のプロジェクトも紹介します。 展覧会は興味深い体験となるでしょう。......

※このインタヴューはすべて英語です。

出演者プロフィール

セシル・バルモンド(Cecil Balmond)
1943年生まれ。建築構造家。スリランカ出身。英国サウサンプトン大学卒業後、1966年、オーブ・アラップに入社。レム・コールハースやダニエル・リベスキンドら著名な建築家の作品の構造設計を担当。現在、ペンシルバニア大学教授。主な構造設計作品に《カーサ・ダ・ムジカ》(レム・コールハース、2003)、《CCTV新社屋》(レム・コールハース、2008)など。
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕