平田晃久インタヴュー

animated解体 その1

20世紀的建築を乗り越えるキーワード

平田晃久+松田達

2009年3月 2日 南洋堂書店 MP3 9.2MB 13'24''

PLAY
平田晃久氏平田晃久氏

写真提供:南洋堂書店
 

平田──3年前にプリズミックギャラリーで初の個人の展覧会をして「animated」というタイトルにしました。そのころはまだ設計を始めて日が浅かったので、みせられるものが少ない。ですから、どういうことを考えているのかということをプレゼンテーションすることにしました。それを膨らましていくことで、その先に行けるのではないかという期待がありました。プロジェクトのパネルはやめて、7つのキーワードをパネルにし、それらを説明する絵と文字で展覧会を構成したんです。そのときに、頭のなかがすっきりしたなと思っていて......その時に考えていたことを発展させてみたいなと思って、今回の本にしたんです。大きくは結構野心的というか、建築を根本的に新しいというか、20世紀的なタイプの建築をどうやったら乗り越えられるかがテーマなんですね。......

出演者プロフィール

平田晃久
1971年生まれ。京都大学大学院修了。平田晃久建築設計事務所代表。京都造形芸術大学、日本大学、東京理科大学非常勤講師。作品=《House H》《House S》《sarugaku》《Showroom H(桝屋本店)》ほか。
10+1web site iTunesへ登録RSScontact

About r4

建築についてのさまざまな話題を音声番組として全国配信する「建築系ラジオ/ r4」。音声が持つ可能性とネットのアーカイブ性を組み合わせた、新しい建築メディアの試みです。「r4」は、パイロット版を経て、4人のコアメンバー が4つの"r"をキーワードとしてあげることから名付けられました。建築家への インタヴューの他、学生を交えた連載番組や、公開討議など、多彩な構成 で、建築について語ります。

r4コアメンバープロフィール

五十嵐太郎 松田達 山田幸司 南泰裕