PHOTO ARCHIVES

96 ダッチモダニズム

ダッチモダニズムと題して、主にJ・ダウカー、M・ブリンクマン、J・J・P・アウトの作品紹介をする。
1930年代前後を代表するこうしたオランダの建築家たちの作品は「ダッチモダニズム」と呼ばれることもあり、同時代に他国で活躍していたル・コルビュジエ(《サヴォア邸》[1931])やミース・ファン・デル・ローエ(《バルセロナ・パビリオン》[1929])らの活動とともに当時のひとつの大きな建築潮流と捉えられる。コルブやミースを横目で見ていた(あるいは見られていた)彼らは、おそらく同じようなことを考えていたと思われるし、建築の新しい方向性を探っていた。
ダウカーによる建築の解説書を手に取ると構造体をアクソノメトリックで記述し分析をしているものが多く(NAi[Nederlands Architectuurinstituut]の図書室で詳しいものを閲覧できる)、実際に建築を訪れてもその明確な構成の解き方は、敷地に対する配置や開口の仕草に考慮しており具体的で実践的な側面が読み取れる。社会的には彼らの手法の明確さと、その言葉とデザインの一致は、一般の人(デザインの領域にいない人)にとってはコルブやミースに対しまだ受け容れやすかったのではないだろうか(最終的なモダンな出で立ちは別として)。 プロパガンダを唱えたコルブやミースと平行して、オランダの「ダッチモダニズム」から確実に良質な建築が生み出された。
そのように確信を持てたのは彼らの建築にも仕掛けとして空間的魅力を備えているからだ。そしてその多くがいまも用途変更などしながら改修や保存によって使用されている(例えばヒルベルサムの《第3技術学校》[ダウカー]を見たか! 2階から3階にあがるときには認知していた開口が2階踊場から3階に上がるときに振り返った瞬間、一気にガラスブロックから拡散光が目に飛び込んでくる)。

★1──ヨハネス・ダウカー《サナトリウム ゾンネストラール》:http://www.zonnestraal.org/
★2──M・ブリンクマン&ファン・デル・フルト《ファン・ネレ工場》:http://www.ontwerpfabriek.nl/
★3──J・J・P・アウト《キーフフゥク集合住宅》:http://www.rotterdam-archiguides.nl/nl/lokatie/kiefhoek.html
★4──ヨハネス・ダウカー《第3技術学校》:http://www.d3a.nl/
★5──04、05[オランダ1、2][撮影:五十嵐太郎]
http://10plus1.jp/archives/2001/03/10000000.html
http://10plus1.jp/archives/2001/04/10000000.html



[撮影者:team 午前五時]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:97 青森
次の記事:95 山陰
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る