PHOTO ARCHIVES

92 広島

私は、広島という地で22年間を過ごした。日露戦争時、臨時帝都にもなった広島は、日本の縮図ともいわれ、さまざまなものが混在しているというイメージがある。
この都市は、三角州の上になりたっているために、川が街中を何本も横切り、さらに、そこを車と市電が今にもぶつかりそうな距離で隣り合わせに走っている。そして、性格の異なる二つの世界遺産。一方は、日本が誇るべき世界遺産「厳島神社」。もう一方は、アメリカが近代に生み出した負の世界遺産「原爆ドーム」。厳島神社が存在し、神の島として崇められていた宮島があれば、戦時中、島内での毒ガス製造を隠すために地図から消されていた大久野島のような島もある。また、被爆建物といわれる廃墟が街中に点在する一方、東京に退けを取らない地元若手建築家達による初々しい作品があちこちで見られる。
そもそも広島市は一度リセットされた都市であり、この地で学生時代を過ごした丹下健三により、新たな街作りがスタートしている。それ以降できた巨匠たちによる公共建築の多くが「平和」という肩書きを持っており、広島は「平和都市」という名を我がものにしてきた。
しかし、ここ数年、そんな広島市と方向性は同じだが、明らかにその表現手法が真反対の都市が活気付いている。海自・海保の街であり、かつて戦艦大和がつくられた呉市である。映画「男たちの大和」の上映にあわせるかのように開館した通称「大和ミュージアム」。そして、事情の知らない人にはいまさらポストモダン?と疑われてしまうような、街中に浮く退役潜水艦が印象的な海上自衛隊呉資料館。また、坂の町として知られる尾道市は、上記映画の撮影場所となり、巨大クレーンが林立する造船場に、菊の御紋をつけた原寸大大和のセットがつくられたことで、呉市を盛り上げるのに一役買った。
平和とは何かを考えるのに、広島は非常に適した場ではある。しかし、その平和を考える場としての建築・都市づくりはどうあるべきか......この答えを見つけるのは非常に困難である。
使用している写真は、2006〜2008年のあいだに撮りためたものである。



[撮影者:下大蔵(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:93 ロンドン
次の記事:91 宮崎・竹の会の建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る