PHOTO ARCHIVES

89 スリバチのすすめ

東京の都心部は武蔵野台地(洪積台地)が東京湾にせり出した東縁部に位置し、その台地は西から東へ流れる川の浸食作用によって刻まれ、7つの丘が連なる特徴的な地形を呈している。高低差10〜20mの谷は鹿の角のように枝分かれし、武蔵野台地の奥へと入り込む谷頭は三方向を台地(丘)に囲まれるため、「スリバチ状の谷戸」を形成している。フラクタルに存在する谷戸や丘の織りなす微地形を下敷きに、江戸から現代へと至る都市化の歴史を歩んできたのが東京の特徴とも言えよう。 地形とまちの関係を概略的に述べるとすれば、台地は江戸の昔、山の手として諸大名の江戸屋敷等に利用され、明治以降はその比較的大きな区画を生かして大学や病院、官舎、財閥系企業の用地として転用されてきた。再開発ではなく「置換」の歴史であった。一方の谷地も江戸の時代から下町として大きな区割りを変えず新陳代謝を繰り返してきた。丘の「山の手」と谷地の「下町」★1が、江戸の住み分け(ゾーニング)をベースにそれぞれの変遷をたどってきたため、地形を手掛りに東京を観察すると、興味深い都市景観が形成されつつある。 スリバチ地形や特異な景観は「空間的」であるがため、「建築」と違い1枚の写真ではなかなか概要を伝えにくいが、事例を連続的に示すことで「スリバチ地形と東京固有の都市景観」の魅力に少しでも触れていただければと考えている。


東京スリバチ水系図

★1──「下町」とは一般的には武蔵野台地の東に広がる低地部分を指すが、学会では「台地の窪み」に存在する町も「下町」に加えている。


撮影:岩屋光俊、駒井紀美子、特記以外は皆川典久



[撮影者:東京スリバチ学会]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:90 図書館[2]
次の記事:88 金沢
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

カルティエ現代美術財団「自由な建築」展・出品プロジェクトを語る 石上純也レクチャー+サイン会(渋谷区・8/25)

2018年3月30日より、世界的にも評価の高い気鋭の建築家・石上純也氏の大規模個展「JUNYA ...

WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION(公募・-9/24)

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wiki...

造景(年報)創刊準備シンポジウム「新しい都市の雑誌を考える」(千代田区・8/7)

2020年代の都市に向けて、雑誌「造景」がアニュアルレポートとして新たな形で復活します。雑誌「造景...

前田建築塾「寺子屋ワークショップ IN下北沢」(世田谷区・8/7-11)

寺子屋ワークショップとはとは Archihack Associationが主催する毎夏恒例の建築・...

日仏建築文化交流展2018 Communication Beyond Words(千代田区・8/4-22)

日本とフランスの友好160周年を記念し、建築を通した文化交流プログラムを開催します。両国から3組ず...

シンポジウム「Contagious Difference; Connections and Deviations 伝染性差異:接続と逸脱」(港区・7/20)

私たちが生きる21世紀最初の20年は、これらの時代と類似した混乱と分断の時代である。このような過渡...

出島表門橋製作ドキュメンタリー映像『BRIDGE』上映会+トーク(京都府・8/1)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタリ...

建築情報学会キックオフ準備会議第3回(文京区・8/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み(港区・7/7-8/26)

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。 現代オース...

建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る