PHOTO ARCHIVES

86 バウハウス

「あらゆる造形芸術の最終目的は建築である」☆1。この力強い宣言は時代の気運にも共鳴した。時は1919年、第一次大戦の翌年である。こうして始まったバウハウスの思想は25年にデッサウへ移転した翌年、ヴァルター・グロピウス(1883-1969)設計による校舎の竣工で建築として結実した。グロピウスは「国際建築」を論じ、28年にはCIAMが開催される。ここから、インターナショナル・スタイルが広がっていった。
1927年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業したアルネ・ヤコブセン(1902-71)にとって、隣国ドイツでの動きが大きなインパクトを与えたことは想像に難くない。極寒の地ゆえか、または貧しい時代を経た歴史的経緯ゆえか、機能性を重んじるデンマーク人気質と、バウハウスの掲げる機能主義はもともと馴染みがよかったのだろう。ヤコブセンはそれまで手掛けていたデンマークの伝統的なレンガによる建築から、スタイルを大きく変えた。ヤコブセンにおける「白の時代」のはじまりである。《ベラヴィスタ集合住宅》(1934)をはじめとして、白い壁面と黒いスティール・サッシによる建築はヤコブセンの生まれ育った地、コペンハーゲン北部のクランペンボーに今でも数多く残されている。ヤコブセンは63年に行なった講演会で、学生時代より小金ができるとドイツへ旅していたこと、ドイツの文化、特にバウハウスへの賞賛、そして35年前のバウハウスの思想が機能・技術・美学の相互関係において自身の創作においてなお有効であることを語っている(ハンブルグで行なわれた講演なのでドイツびいきの内容が含まれていたとしても否めないが)☆2
デッサウへの旅は、ヤコブセン巡礼の旅から始まった筆者のデンマーク留学を締めくくるにあたって、2人の建築家とその思想を結びつける旅でもあった。
☆1──http://www.meisterhaeuser.de/pdf/Bastelbogen_Meisterhaeuser.pdf
☆2──"On form and design at the present time", in Arne Jacobsen: Public Buildings, Whitney Library of Design, 1998.


各ページの註については下記を参照
★1──ヴァルター・グロピウス『デッサウのバウハウス建築〈バウハウス叢書12〉』(中央公論美術出版、1995)。
★2──LANDSCAPE OF ARCHITECTURES VOLUME 1, UPLINK, 2003.
★3──L・モホリ=ナギ『絵画・写真・映画〈バウハウス叢書8〉』(中央公論美術出版、1993)。
★4──アドルフ・マイヤー『バウハウスの実験住宅〈バウハウス叢書3〉』(中央公論美術出版、1991)。

脇坂圭一(東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)
http://blog.livedoor.jp/replanblog014/



[撮影者:脇坂圭一(東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:87 横浜(デイケアセンター)
次の記事:85 ゴシック建築の誕生
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る