PHOTO ARCHIVES

86 バウハウス

「あらゆる造形芸術の最終目的は建築である」☆1。この力強い宣言は時代の気運にも共鳴した。時は1919年、第一次大戦の翌年である。こうして始まったバウハウスの思想は25年にデッサウへ移転した翌年、ヴァルター・グロピウス(1883-1969)設計による校舎の竣工で建築として結実した。グロピウスは「国際建築」を論じ、28年にはCIAMが開催される。ここから、インターナショナル・スタイルが広がっていった。
1927年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業したアルネ・ヤコブセン(1902-71)にとって、隣国ドイツでの動きが大きなインパクトを与えたことは想像に難くない。極寒の地ゆえか、または貧しい時代を経た歴史的経緯ゆえか、機能性を重んじるデンマーク人気質と、バウハウスの掲げる機能主義はもともと馴染みがよかったのだろう。ヤコブセンはそれまで手掛けていたデンマークの伝統的なレンガによる建築から、スタイルを大きく変えた。ヤコブセンにおける「白の時代」のはじまりである。《ベラヴィスタ集合住宅》(1934)をはじめとして、白い壁面と黒いスティール・サッシによる建築はヤコブセンの生まれ育った地、コペンハーゲン北部のクランペンボーに今でも数多く残されている。ヤコブセンは63年に行なった講演会で、学生時代より小金ができるとドイツへ旅していたこと、ドイツの文化、特にバウハウスへの賞賛、そして35年前のバウハウスの思想が機能・技術・美学の相互関係において自身の創作においてなお有効であることを語っている(ハンブルグで行なわれた講演なのでドイツびいきの内容が含まれていたとしても否めないが)☆2
デッサウへの旅は、ヤコブセン巡礼の旅から始まった筆者のデンマーク留学を締めくくるにあたって、2人の建築家とその思想を結びつける旅でもあった。
☆1──http://www.meisterhaeuser.de/pdf/Bastelbogen_Meisterhaeuser.pdf
☆2──"On form and design at the present time", in Arne Jacobsen: Public Buildings, Whitney Library of Design, 1998.


各ページの註については下記を参照
★1──ヴァルター・グロピウス『デッサウのバウハウス建築〈バウハウス叢書12〉』(中央公論美術出版、1995)。
★2──LANDSCAPE OF ARCHITECTURES VOLUME 1, UPLINK, 2003.
★3──L・モホリ=ナギ『絵画・写真・映画〈バウハウス叢書8〉』(中央公論美術出版、1993)。
★4──アドルフ・マイヤー『バウハウスの実験住宅〈バウハウス叢書3〉』(中央公論美術出版、1991)。

脇坂圭一(東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)
http://blog.livedoor.jp/replanblog014/



[撮影者:脇坂圭一(東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:87 横浜(デイケアセンター)
次の記事:85 ゴシック建築の誕生
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る