PHOTO ARCHIVES

86 バウハウス

「あらゆる造形芸術の最終目的は建築である」☆1。この力強い宣言は時代の気運にも共鳴した。時は1919年、第一次大戦の翌年である。こうして始まったバウハウスの思想は25年にデッサウへ移転した翌年、ヴァルター・グロピウス(1883-1969)設計による校舎の竣工で建築として結実した。グロピウスは「国際建築」を論じ、28年にはCIAMが開催される。ここから、インターナショナル・スタイルが広がっていった。
1927年にデンマーク王立芸術アカデミーを卒業したアルネ・ヤコブセン(1902-71)にとって、隣国ドイツでの動きが大きなインパクトを与えたことは想像に難くない。極寒の地ゆえか、または貧しい時代を経た歴史的経緯ゆえか、機能性を重んじるデンマーク人気質と、バウハウスの掲げる機能主義はもともと馴染みがよかったのだろう。ヤコブセンはそれまで手掛けていたデンマークの伝統的なレンガによる建築から、スタイルを大きく変えた。ヤコブセンにおける「白の時代」のはじまりである。《ベラヴィスタ集合住宅》(1934)をはじめとして、白い壁面と黒いスティール・サッシによる建築はヤコブセンの生まれ育った地、コペンハーゲン北部のクランペンボーに今でも数多く残されている。ヤコブセンは63年に行なった講演会で、学生時代より小金ができるとドイツへ旅していたこと、ドイツの文化、特にバウハウスへの賞賛、そして35年前のバウハウスの思想が機能・技術・美学の相互関係において自身の創作においてなお有効であることを語っている(ハンブルグで行なわれた講演なのでドイツびいきの内容が含まれていたとしても否めないが)☆2
デッサウへの旅は、ヤコブセン巡礼の旅から始まった筆者のデンマーク留学を締めくくるにあたって、2人の建築家とその思想を結びつける旅でもあった。
☆1──http://www.meisterhaeuser.de/pdf/Bastelbogen_Meisterhaeuser.pdf
☆2──"On form and design at the present time", in Arne Jacobsen: Public Buildings, Whitney Library of Design, 1998.


各ページの註については下記を参照
★1──ヴァルター・グロピウス『デッサウのバウハウス建築〈バウハウス叢書12〉』(中央公論美術出版、1995)。
★2──LANDSCAPE OF ARCHITECTURES VOLUME 1, UPLINK, 2003.
★3──L・モホリ=ナギ『絵画・写真・映画〈バウハウス叢書8〉』(中央公論美術出版、1993)。
★4──アドルフ・マイヤー『バウハウスの実験住宅〈バウハウス叢書3〉』(中央公論美術出版、1991)。

脇坂圭一(東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)
http://blog.livedoor.jp/replanblog014/



[撮影者:脇坂圭一(東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:87 横浜(デイケアセンター)
次の記事:85 ゴシック建築の誕生
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る