PHOTO ARCHIVES

84 北京

北京オリンピックを来年に控え、北京はますますそのエネルギーを高めているようだ。あちこちで建設中の建物が見られる。OMAによる《CCTV(中国中央電視台)新社屋》、Herzog&de Meuronによる《中国国家体育場》、Steven Hollによる《当代MOMA》など、海外の建築家を起用した大型プロジェクトも現在建設中だ。
しかしそうした開発が進む一方で、昔ながらの中国の風景と呼べるようなものも見受けられる。それは胡同(フートン)と呼ばれる路地やそこでの人々の生活、屋外での様々なアクティビティ。また、交通に関しても依然自転車を利用する人は多く、道は歩行者と自転車と自動車が入り乱れる様を呈している。このような新しさと古さが混在している姿に、私は中国らしさのようなものを感じた。
今回紹介する写真は2007年6月に北京に行った際に撮影したものである。建築家の手がけた作品に加え、798芸術新区という工場群をギャラリーやカフェにコンバージョンした場所(現在でも操業中の工場もある)。円明園という第二次アヘン戦争においてイギリス、フランス軍に破壊され、そしてあらゆる財を略奪された欧風建築を含む中国最大級の庭園。かつての宮殿である故宮博物院。皇帝が五穀豊穣を天に祈ったとされる天壇公園。北方民族の侵入を恐れて築いた万里の長城。北京市に関する模型を展示している北京市規劃展覧館などの写真を紹介する。これが北京を多角的に(断片的とはいえ)知る一助となれば幸いである。



[撮影者:川上赳(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:85 ゴシック建築の誕生
次の記事:83 日本建築の様式縦覧
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る