PHOTO ARCHIVES

84 北京

北京オリンピックを来年に控え、北京はますますそのエネルギーを高めているようだ。あちこちで建設中の建物が見られる。OMAによる《CCTV(中国中央電視台)新社屋》、Herzog&de Meuronによる《中国国家体育場》、Steven Hollによる《当代MOMA》など、海外の建築家を起用した大型プロジェクトも現在建設中だ。
しかしそうした開発が進む一方で、昔ながらの中国の風景と呼べるようなものも見受けられる。それは胡同(フートン)と呼ばれる路地やそこでの人々の生活、屋外での様々なアクティビティ。また、交通に関しても依然自転車を利用する人は多く、道は歩行者と自転車と自動車が入り乱れる様を呈している。このような新しさと古さが混在している姿に、私は中国らしさのようなものを感じた。
今回紹介する写真は2007年6月に北京に行った際に撮影したものである。建築家の手がけた作品に加え、798芸術新区という工場群をギャラリーやカフェにコンバージョンした場所(現在でも操業中の工場もある)。円明園という第二次アヘン戦争においてイギリス、フランス軍に破壊され、そしてあらゆる財を略奪された欧風建築を含む中国最大級の庭園。かつての宮殿である故宮博物院。皇帝が五穀豊穣を天に祈ったとされる天壇公園。北方民族の侵入を恐れて築いた万里の長城。北京市に関する模型を展示している北京市規劃展覧館などの写真を紹介する。これが北京を多角的に(断片的とはいえ)知る一助となれば幸いである。



[撮影者:川上赳(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:85 ゴシック建築の誕生
次の記事:83 日本建築の様式縦覧
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る