PHOTO ARCHIVES

84 北京

北京オリンピックを来年に控え、北京はますますそのエネルギーを高めているようだ。あちこちで建設中の建物が見られる。OMAによる《CCTV(中国中央電視台)新社屋》、Herzog&de Meuronによる《中国国家体育場》、Steven Hollによる《当代MOMA》など、海外の建築家を起用した大型プロジェクトも現在建設中だ。
しかしそうした開発が進む一方で、昔ながらの中国の風景と呼べるようなものも見受けられる。それは胡同(フートン)と呼ばれる路地やそこでの人々の生活、屋外での様々なアクティビティ。また、交通に関しても依然自転車を利用する人は多く、道は歩行者と自転車と自動車が入り乱れる様を呈している。このような新しさと古さが混在している姿に、私は中国らしさのようなものを感じた。
今回紹介する写真は2007年6月に北京に行った際に撮影したものである。建築家の手がけた作品に加え、798芸術新区という工場群をギャラリーやカフェにコンバージョンした場所(現在でも操業中の工場もある)。円明園という第二次アヘン戦争においてイギリス、フランス軍に破壊され、そしてあらゆる財を略奪された欧風建築を含む中国最大級の庭園。かつての宮殿である故宮博物院。皇帝が五穀豊穣を天に祈ったとされる天壇公園。北方民族の侵入を恐れて築いた万里の長城。北京市に関する模型を展示している北京市規劃展覧館などの写真を紹介する。これが北京を多角的に(断片的とはいえ)知る一助となれば幸いである。



[撮影者:川上赳(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:85 ゴシック建築の誕生
次の記事:83 日本建築の様式縦覧
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る