PHOTO ARCHIVES

84 北京

北京オリンピックを来年に控え、北京はますますそのエネルギーを高めているようだ。あちこちで建設中の建物が見られる。OMAによる《CCTV(中国中央電視台)新社屋》、Herzog&de Meuronによる《中国国家体育場》、Steven Hollによる《当代MOMA》など、海外の建築家を起用した大型プロジェクトも現在建設中だ。
しかしそうした開発が進む一方で、昔ながらの中国の風景と呼べるようなものも見受けられる。それは胡同(フートン)と呼ばれる路地やそこでの人々の生活、屋外での様々なアクティビティ。また、交通に関しても依然自転車を利用する人は多く、道は歩行者と自転車と自動車が入り乱れる様を呈している。このような新しさと古さが混在している姿に、私は中国らしさのようなものを感じた。
今回紹介する写真は2007年6月に北京に行った際に撮影したものである。建築家の手がけた作品に加え、798芸術新区という工場群をギャラリーやカフェにコンバージョンした場所(現在でも操業中の工場もある)。円明園という第二次アヘン戦争においてイギリス、フランス軍に破壊され、そしてあらゆる財を略奪された欧風建築を含む中国最大級の庭園。かつての宮殿である故宮博物院。皇帝が五穀豊穣を天に祈ったとされる天壇公園。北方民族の侵入を恐れて築いた万里の長城。北京市に関する模型を展示している北京市規劃展覧館などの写真を紹介する。これが北京を多角的に(断片的とはいえ)知る一助となれば幸いである。



[撮影者:川上赳(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:85 ゴシック建築の誕生
次の記事:83 日本建築の様式縦覧
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る