PHOTO ARCHIVES

79 スイス

スイスの山間部では、太陽はすぐに山の裏側へと隠れてしまうため、日没ははやい。しかし、太陽の位置は高いので、山頂を見るとまだぎらぎらと日が照りつけている、という光景をよく目にした。それまでは麓側からの眺めだったのだが、聖ベネディクト教会を見学し終えた帰り、私はこの光景を初めて山頂側から見て、その独特で美しい光景に不思議な感覚を覚えた。日陰に入り、早々に夕暮れを迎える麓と、残雪が強烈に太陽光を反射し、まだまだ昼間の気配がする山頂付近。そこでは時間帯のずれが狭い範囲で垂直かつ同時に存在していた。私がこれまで経験したような、夜間も騒がしい都市部とすでに眠りについた郊外との間に存在するような水平関係の時間帯のずれとはまったく異なるものであったため、非常に印象に残っている。

今回提供する写真については、2006年12月に10日間程スイスを旅した時に撮影したもののなかから、少数ではあるがこれまでに紹介されていない建築物を選んだ。また、今回提供する写真の撮影は共に旅行をした本間茂樹と私が行なっている。



[撮影者:鐵真孝+本間茂樹(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:80 ロンドン
次の記事:78 イラン
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る