PHOTO ARCHIVES

79 スイス

スイスの山間部では、太陽はすぐに山の裏側へと隠れてしまうため、日没ははやい。しかし、太陽の位置は高いので、山頂を見るとまだぎらぎらと日が照りつけている、という光景をよく目にした。それまでは麓側からの眺めだったのだが、聖ベネディクト教会を見学し終えた帰り、私はこの光景を初めて山頂側から見て、その独特で美しい光景に不思議な感覚を覚えた。日陰に入り、早々に夕暮れを迎える麓と、残雪が強烈に太陽光を反射し、まだまだ昼間の気配がする山頂付近。そこでは時間帯のずれが狭い範囲で垂直かつ同時に存在していた。私がこれまで経験したような、夜間も騒がしい都市部とすでに眠りについた郊外との間に存在するような水平関係の時間帯のずれとはまったく異なるものであったため、非常に印象に残っている。

今回提供する写真については、2006年12月に10日間程スイスを旅した時に撮影したもののなかから、少数ではあるがこれまでに紹介されていない建築物を選んだ。また、今回提供する写真の撮影は共に旅行をした本間茂樹と私が行なっている。



[撮影者:鐵真孝+本間茂樹(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:80 ロンドン
次の記事:78 イラン
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る