PHOTO ARCHIVES

78 イラン

イランの建築といえば、まず思い浮かぶのがイスファハンなどで盛んに見られるような16世紀前後のペルシア建築だ。しかし、19世紀に入ってから、イランもほかの世界と同様、近代建築の波に乗り、イラン独自のモダン建築の創造を試みている。この場を借りて、イランの近代建築のいくつかの事例を紹介する。 西洋建築が本格的にイランに導入されたのが1920年以降である。パーラビ朝の創立者であるレザシャが国の近代化、西洋化を推し進めるなか、欧米から建築家を招いての建築発展であった。この時代イランに行った欧米の建築家たちのほとんどは考古学出身の人たちで、古代建築の調査でイランを訪れた人ばかりであった。したがって彼らがイランで残す建築は、西洋の古典主義的な手法でイランの古代のモチーフを折衷した形であった。次にイランの建築会の主役になるのが欧米で建築を学んだ、イラン人建築家たちである。彼らはヨーロッパで学んだ建築を忠実に再現する事に一生懸命であったといえよう。けれども、第三世代の建築家たちのほとんどはイランで建築を学んだ人たちで、西洋の建築をただ真似することに疑問を持ち、西洋的の技術を尊敬しながら、独自の建築を生み出そうとする建築家たちである。



[撮影者:メイサム・マスミ(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:79 スイス
次の記事:77 スイス・スタイルズ I (Diener&Dienerと
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る