PHOTO ARCHIVES

78 イラン

イランの建築といえば、まず思い浮かぶのがイスファハンなどで盛んに見られるような16世紀前後のペルシア建築だ。しかし、19世紀に入ってから、イランもほかの世界と同様、近代建築の波に乗り、イラン独自のモダン建築の創造を試みている。この場を借りて、イランの近代建築のいくつかの事例を紹介する。 西洋建築が本格的にイランに導入されたのが1920年以降である。パーラビ朝の創立者であるレザシャが国の近代化、西洋化を推し進めるなか、欧米から建築家を招いての建築発展であった。この時代イランに行った欧米の建築家たちのほとんどは考古学出身の人たちで、古代建築の調査でイランを訪れた人ばかりであった。したがって彼らがイランで残す建築は、西洋の古典主義的な手法でイランの古代のモチーフを折衷した形であった。次にイランの建築会の主役になるのが欧米で建築を学んだ、イラン人建築家たちである。彼らはヨーロッパで学んだ建築を忠実に再現する事に一生懸命であったといえよう。けれども、第三世代の建築家たちのほとんどはイランで建築を学んだ人たちで、西洋の建築をただ真似することに疑問を持ち、西洋的の技術を尊敬しながら、独自の建築を生み出そうとする建築家たちである。



[撮影者:メイサム・マスミ(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:79 スイス
次の記事:77 スイス・スタイルズ I (Diener&Dienerと
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る