PHOTO ARCHIVES

75 スイス・スタイルズ I
(H&deMとバーゼル近郊の建築[2]──Zaha HadidとVitra関連・前半)

前回に引き続きスイス・スタイルズ I −H&deMとバーゼル近郊の建築[2]では、ライン川交易の中心都市のひとつとしてドイツ、フランスに跨って発展したバーゼルとその周辺地域のなかから、Zaha Hadidの建築と、彼女の実作デビューとなった、《構内消防署》をはじめとするVitraの建築をみてゆく。 家具メーカーVitra社の存在は、この地域の現代建築を考えるうえで欠かすことができない。世界的企業とはいえ、一民間企業のながら、新鋭のデザイナーを起用した本業の家具の発表は勿論、歴史的名作椅子のスケールモデルの製作でも名を馳せ、バーゼルの国境地帯に点在する自社施設の建築群でも先進的な挑戦を行なっており、さながら建築博覧会会場かと錯覚させられる。現在では、マエストロと称される多くの「かつての若手建築家」のヨーロッパデビュー作、世界デビュー作の発表の舞台となっている。その個々の建築作品は決して大きなものではないが、もたらされた影響は多大なものであった。それぞれの作品は、年月を経て尚、その建築家の代表作として愛されているものが多いように、きわめて独創的ではあるが、生産現場とその付帯施設という機能的な面を満たし、その時代の再前衛の思想をも発信するスイス・スタイルズの一翼を担っていると言えるのではないか。Vitraの施設群は、一定の制限下ではあるが一般公開されている。

次回では、今回のH&deMとバ−ゼル近郊の建築の続編を、さらに引続き
スイス・スタイルズ II(Le Corbusierと仏語圏スイスの建築)
スイス・スタイルズ III(Mario Botta, Mrio Campiと伊語圏スイスの建築)
スイス・スタイルズ IV(Peter Zumthorと中西部スイスの建築)
スイス・スタイルズ V(オーストリアの建築)
を順次見てゆきたいと考えている。



[撮影者:杉丸淳(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:76 スイス・スタイルズ I
(H&deMとバ−ゼル

次の記事:74 スイス・スタイルズ I
(H&deMとバ−ゼル

Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

「構造展─構造家のデザインと思考─」構造家 佐々木睦朗 特別講演会(品川区・10/5)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「構造展─構造家のデザインと思考─」(10月14日まで)の関連企画と...

建築レクチュアシリーズ217 槇文彦(大阪・10/4)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

トークイベント「Snøhetta SMALL TALK」(港区・10/15)

世界的に注目されている北欧ノルウェー発祥の建築デザイン事務所「Snøhetta」は、ノルウェーのオ...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

シンポジウム「Village in Metropolis-都市内共同体のつくりかた」(港区・10/2)

現代社会において、私たちの多くは都市という不特定多数の人々が混在する空間の中に住んでいます。都市は...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

403architecture [dajiba]が設計している時にどうしてもこだわってしまう「建築」のこと 第3回(彌田徹)(静岡県・10/11)

「建築」とは建物そのものだけを指しているわけではありません。周辺の環境や歴史的な文脈、そして概念的な...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...

東京ビエンナーレ公募プロジェクト"ソーシャルダイブ"(募集・-9/23)

東京ビエンナーレでは、公募プロジェクトである"ソーシャルダイブ"に参加するアーティストを募集します...
建築インフォメーション
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る