PHOTO ARCHIVES

65 デンマーク[1]

なにしろ冬のデンマークの陽は短い。撮影しようにも9時半では薄暗くて仕事にならない。そうかと思うと2時過ぎにはもう陽が陰ってくる。暗い内に出かけて、低い太陽を待ちかまえる勢いでないといけない。そんななか、嬉しい経験をすることもあった。コペンハーゲン郊外でヤコブセン設計の住宅をスケッチしていると、初老の婦人が寒いから紅茶でも如何と招いてくれ自宅の素晴らしさを熱っぽく語ってくれたのだ。時には、ワインやディナーまでご馳走になることもあった。
デンマークの建築はかつての王立芸術アカデミーの学長でもあったカイ・フィスカーによって「機能的伝統」と表現されたように、伝統的な形態や素材を用いながら明快で抑制のきいたデザインを追求するところに特徴がある。それを『Architectural Review』誌では"sane"な建築と定義している。なるほどそれは建築だけでなく、そこに暮らす人にも影響を与えているのかもしれない。

カイ・フィスカーの教え子でもあったアルネ・ヤコブセンの作品を訪ねると、創られた年代によってずいぶんと印象が異なることがわかる。初期の伝統的スタイルの住宅(1928)に見られる煉瓦のくすんだ黄色から、《ベラビスタ集合住宅》(1934)の連続するキューブを覆い尽くすプレーンな白、そして《オーフス市庁舎》(1942)の大理石による不均質な色合いへとその傾向は大きく変わる。晩年の作品、《ルードブレ図書館》(1969)では真っ黒なモノリスが芝生に鎮座し、向かい合わせに建つ《ルードブレ市庁舎》(1956)のカーテンウォールとは対照的な表情を見せる。しかし、こうした多様なスタイルは規格化された煉瓦や石の単位一つひとつから構成された均質/不均質な面によってもたらされる共通性を持つ。それは弱い太陽の光の中で自然の微妙な変化を映し出す為の下地ともなっている。
そう言えば、ひとつのブロックからいくつもの組合せが可能なLEGO社のブロックは、初期に製造された数十年も前のものと現在のものとがしっかりと接合するそうだ。そんなところにもデンマーク人が持つ「機能的伝統」の精神が息づいているのかもしれない。



[撮影者:脇坂圭一(デンマーク・オーフス建築大学、東北大学大学院 都市・建築デザイン学講座)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  アルネ・ヤコブセン《バニスター邸》

pic  アルネ・ヤコブセン《アルネ・ヤコブセン自邸》 [1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《2nd モンラッド・オース邸》

pic  アルネ・ヤコブセン《3rd モンラッド・オース邸》

pic  アルネ・ヤコブセン《ベルビュー・コスタル・バス》

pic  アルネ・ヤコブセン《ポール・ムンク邸》

pic  アルネ・ヤコブセン《ローテンボー邸》

pic  アルネ・ヤコブセン《ベラヴィスタ集合住宅》

pic  アルネ・ヤコブセン《マットソン乗馬学校》

pic  アルネ・ヤコブセン《エルハルド邸》

pic  アルネ・ヤコブセン《ベルビュー・シアター》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《ベルビュー・レストラン》

pic  アルネ・ヤコブセン《テキサコ・サービス・ステーション》

pic  アルネ・ヤコブセン《売店+カヤック・クラブ》

pic  アルネ・ヤコブセン《アンデルセン集合住宅》

pic  アルネ・ヤコブセン《オーフス市庁舎》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《スラレド市庁舎》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《スーホルムI》

pic  アルネ・ヤコブセン《スーホルムII》

pic  アルネ・ヤコブセン《マーシー・ハリス・ショールーム》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《スーホルムIII》

pic  アルネ・ヤコブセン《ヤスパーセン・ビル》

pic  アルネ・ヤコブセン《ルードブレ市庁舎》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《グロストロップ市庁舎》

pic  アルネ・ヤコブセン《ルードブレ集合住宅》

pic  アルネ・ヤコブセン《SASロイヤルホテル》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《ニュエア小学校》[1] [2]

pic  アルネ・ヤコブセン《ルードブレ中央図書館》

pic  アルネ・ヤコブセン《クーブ・フレックス》

pic  アルネ・ヤコブセン《デンマーク国立銀行》


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:66 デンマーク[2]
次の記事:64 ポーランド
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る