PHOTO ARCHIVES

59 ジュゼッペ・テラーニ[2]

ジュゼッペ・テラーニ[2](1933-43)
イタリア・モダン、合理主義建築を代表する建築家の一人として知られるジュゼッペ・テラーニ。1904年ミラノ近郊の街メーダに生まれ、ムッソリーニ政権が崩壊した1943年に、わずか39歳で「自ら」その生涯を終えるまでの17年間の活動によって、現存する作品は22点。今回は、ファシスト党の台頭と共に多くの作品を実現して行く1933年(29歳)から、最後の作品が竣工した1940年(36歳)までの146点を見る。
明快な合理主義の旗手と評されながらも、現存する作品の中には相反するさまざまな要素が盛込まれており、なによりも計算尽くされた比例の美しさと併せて、合理主義を超えた、陰影に富む表現の豊かさを再認識する事ができる。テラーニ自身が語る「合理主義は、私たちの建築にとってはその一要素にしか過ぎ無い。合理主義は、"建築"に至る過程であって、"建築"の到達すべき目標ではないのだ」との言葉と共に、彼の目指したものを考えてみたい。
また、テラーニを考える上で、現存する作品と共に重要である、実現する事のなかった計画案については、生誕100周年にあたる2004年に整備された「GT04」の中の"PROGETTI"で見る事ができる。



[撮影者:杉丸淳(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ジュゼッペ・テラーニ《トニネッロ集合住宅》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ルスティチ・コモッリ》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ラベッツァーリの集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《サンテリア幼稚園》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ペドゥラーリオ集合住宅》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《園芸家のためのヴィッラ》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ヴィッラ・ビアンカ》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《カサ・デル・ファッショ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《アンザーニ通りの集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ジュリアーニ・フリジェーリオ集合住宅》 [1] [2] [3] [4] [5]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:60 平壌
次の記事:58 ジュゼッペ・テラーニ[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る