PHOTO ARCHIVES

59 ジュゼッペ・テラーニ[2]

ジュゼッペ・テラーニ[2](1933-43)
イタリア・モダン、合理主義建築を代表する建築家の一人として知られるジュゼッペ・テラーニ。1904年ミラノ近郊の街メーダに生まれ、ムッソリーニ政権が崩壊した1943年に、わずか39歳で「自ら」その生涯を終えるまでの17年間の活動によって、現存する作品は22点。今回は、ファシスト党の台頭と共に多くの作品を実現して行く1933年(29歳)から、最後の作品が竣工した1940年(36歳)までの146点を見る。
明快な合理主義の旗手と評されながらも、現存する作品の中には相反するさまざまな要素が盛込まれており、なによりも計算尽くされた比例の美しさと併せて、合理主義を超えた、陰影に富む表現の豊かさを再認識する事ができる。テラーニ自身が語る「合理主義は、私たちの建築にとってはその一要素にしか過ぎ無い。合理主義は、"建築"に至る過程であって、"建築"の到達すべき目標ではないのだ」との言葉と共に、彼の目指したものを考えてみたい。
また、テラーニを考える上で、現存する作品と共に重要である、実現する事のなかった計画案については、生誕100周年にあたる2004年に整備された「GT04」の中の"PROGETTI"で見る事ができる。



[撮影者:杉丸淳(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ジュゼッペ・テラーニ《トニネッロ集合住宅》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ルスティチ・コモッリ》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ラベッツァーリの集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《サンテリア幼稚園》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ペドゥラーリオ集合住宅》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《園芸家のためのヴィッラ》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ヴィッラ・ビアンカ》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《カサ・デル・ファッショ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《アンザーニ通りの集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ジュリアーニ・フリジェーリオ集合住宅》 [1] [2] [3] [4] [5]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:60 平壌
次の記事:58 ジュゼッペ・テラーニ[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る