PHOTO ARCHIVES

59 ジュゼッペ・テラーニ[2]

ジュゼッペ・テラーニ[2](1933-43)
イタリア・モダン、合理主義建築を代表する建築家の一人として知られるジュゼッペ・テラーニ。1904年ミラノ近郊の街メーダに生まれ、ムッソリーニ政権が崩壊した1943年に、わずか39歳で「自ら」その生涯を終えるまでの17年間の活動によって、現存する作品は22点。今回は、ファシスト党の台頭と共に多くの作品を実現して行く1933年(29歳)から、最後の作品が竣工した1940年(36歳)までの146点を見る。
明快な合理主義の旗手と評されながらも、現存する作品の中には相反するさまざまな要素が盛込まれており、なによりも計算尽くされた比例の美しさと併せて、合理主義を超えた、陰影に富む表現の豊かさを再認識する事ができる。テラーニ自身が語る「合理主義は、私たちの建築にとってはその一要素にしか過ぎ無い。合理主義は、"建築"に至る過程であって、"建築"の到達すべき目標ではないのだ」との言葉と共に、彼の目指したものを考えてみたい。
また、テラーニを考える上で、現存する作品と共に重要である、実現する事のなかった計画案については、生誕100周年にあたる2004年に整備された「GT04」の中の"PROGETTI"で見る事ができる。



[撮影者:杉丸淳(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ジュゼッペ・テラーニ《トニネッロ集合住宅》

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ルスティチ・コモッリ》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ラベッツァーリの集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《サンテリア幼稚園》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ペドゥラーリオ集合住宅》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《園芸家のためのヴィッラ》 [1] [2]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ヴィッラ・ビアンカ》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《カサ・デル・ファッショ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《アンザーニ通りの集合住宅》 [1] [2] [3]

pic  ジュゼッペ・テラーニ《ジュリアーニ・フリジェーリオ集合住宅》 [1] [2] [3] [4] [5]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:60 平壌
次の記事:58 ジュゼッペ・テラーニ[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る