PHOTO ARCHIVES

56 フランス・ゴシック

ゴシック建築の内部では、それが巨大な石材を積み上げた組積造の建築であることを忘れ、近代以降の鉄骨とガラスの建築が引き起こすものと似た空間体験をすることができる。天井のリブと、それを受ける細いシャフト。それは決して主要な構造体ではなく、実際には背後に隠された巨大な石造部分が建築全体を支持しているのだが、建築内部に入った人の視線は否応なしにリブとシャフトという線条組織に引き付けられ、その強烈なリニアリティによって実際の重量感は消し去られてしまう。それこそがロマネスクとゴシックとを隔てるものであり、フランスで誕生したゴシックという新しい建築様式の重要な特徴といえるだろう。
ゴシック様式はサン=ドニの後陣(内陣+周歩廊)で誕生したといわれる。そこでは細いモノリスのシャフトが、天井のリブのそれぞれに対応し、骨組みによる構造が明解に視覚化されていた。今回ご紹介するなかで、リストの最後にあるオーセール大聖堂とディジョンのノートル=ダム教会堂は、フランス・ゴシック建築のなかで常に名前の挙がるものではないものの、細いモノリスのシャフトによるゴシック独特の空間をご覧いただくための好例として採りあげたものである。

加藤耕一(建築史)
http://homepage.mac.com/kch_kato/



[撮影者:加藤耕一(建築史)]

→ 「公開の原則と著作権について」

2004年の夏よりパリ第4大学にてゴシック建築の研究に従事している関係で、これまでにゴシック建築の写真を数多く撮影してきました。今回、その一部を以下のような構成でご紹介させていただきます。

[パリおよびその周辺で見られる、最初期のゴシック建築]

pic  旧サン=ドニ大修道院 [1] [2]

pic  旧サン=マルタン=デ=シャン大修道院教会堂

pic  パリのノートル=ダム大聖堂 [1] [2] [3]

pic  サン=ジェルマン=デ=プレ教会堂

[代表的な盛期ゴシック建築]

pic  シャルトル大聖堂 [1] [2] [3]

pic  ランス大聖堂 [1] [2]

pic  ボーヴェ大聖堂 [1] [2]

pic  サント=シャペル [1] [2]

pic  ストラスブール大聖堂 [1] [2]

[その他のフランス・ゴシック建築]

pic  オーセール大聖堂

pic  ディジョンのノートル=ダム教会堂


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:57 東京[4]
次の記事:55 ベルリン/ブルーノ・タウト
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る