PHOTO ARCHIVES

50 メキシコ

世界の果ての風景を見に行こうと思ったことがありました。レイテ島や強制収容所や核実験場などの戦争との関わりで生み出された風景ではなく、距離も時間も行為も限りなく遠い果てへ行こう。選んだ先はメソアメリカの遺跡の数々でした。

地球の裏側にあり、2千年ほど栄え、やがて捨てられ、数百年前に宣教師などによって発見された場所。若々しい童貞男の生きている心臓をむしり取り神に捧げ、彼の肉体は皆で喰ってしまう。そんな世界の果てがあったのだという。そこに住んでいた人々は私同様モンゴロイドでトウモロコシなどを主食とし、天文を熟知し、巨大な構築物や都市を造っていたらしい。

「あちらのジャングルや砂漠の中の廃墟には世界の果てがあるらしいぜ!」と、お気楽な観光気分で出掛けたのは大きな誤りでした。目の前に確かに物体が存在しているのに、まったく理解できない代物の数々。汗や涎はダラダラハアハア。急な階段や構築物に立つと風は強いし狭いし手摺りなど有りはしない。足を踏み外し転げ落ちそうで恐い。暗がりは糞だらけのようでフンゲロ臭う。白日夢の様な遺跡の数々を通過し宿のベットに横たわると体験したことのない悪夢が襲って来て叩き起こされます。寝ても覚めても摩訶不思議な世界の果てが押し寄せて来て、我が身は耐えきれず体重は見る間に落ちました。メキシコを離れるときには賢治作『注文の多い料理店』から出てきた客のように骨と皮でできた干からびた人形細工になっていました。世界の果てでのカルチャーショックとはこの様なことなんでしょう。

建築関係者には役立つとは思えませんが偶然残っていた写真を編集者の方に選んでいただきました。「コレなんです?」と聞かれても答えようがありません。現地で求めた日本語版解説書に名称がありましたが、生きていた時空のものではなく、後世の者どもが自分の体験をもとに付したもので、腑に落ちるような名称ではありませんが今回はそれに倣いました。

世界の果ての風景を通過して今は日本の片田舎で生きていますが、日々更新されている目の前の事も世界の果ての風景のひとつであると思います。



[撮影者:佐藤敏宏(建築家/TAF設計)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  チチェン・イツァー遺跡 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  パレンケ遺跡 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  ティオティワカン遺跡 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

pic  ミトラ遺跡 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

pic  モンテアルバン遺跡 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ウシュマル遺跡 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:51 青島
次の記事:49 ラヴェンナ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

早稲田大学・吉村靖孝研究室
《CROSS WAVE HUT》展示
(新宿区・11/2-11/3)

吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合い...

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサ...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に...

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として...

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ...

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る