PHOTO ARCHIVES

41 イギリス

産業革命発生の地イギリスでは産業革命後、新たに生じた中産階級や工場労働者の為の革新的な住宅計画や住宅都市計画が、19世紀後半から20世紀初頭に掛けて実現している。農村から都市へ流入した大量の住宅需要がもたらした劣悪なスラムに対抗する社会活動家や建築家達の、止むに止まれぬ理想郷を求めた行動や芸術運動が、実現の源になっている。おそらく建築家が職業として一般的小住宅や住宅中心の都市計画へ、社会的側面から積極的に取り組んだ史上初めての試みであろう。それはウイリアム・モリスの「アーツ・アンド・クラフト運動」やエベネザー・ハワードの「田園都市構想」であり、当時の建築家たちのデザイン運動ドメスティック・リバイバル「住宅の復興」等である。
今回はそれらを代表するウイリアム・モリスの自邸《赤い家》、最初の田園都市《レッチワース・ガーデンシティー》最初の近郊住宅都市《ハムステッド・ガーデンサバーブ》、伝統様式からの脱皮「バナキュラー・リバイバル」のモチーフとなった「コッツウォルズ地方の街々」へ、現代住宅のルーツを探りに訪れた。加えて、サステイナブル・ハウジング事例調査研究先の実験的住宅2例を紹介する。



[撮影者:八木晴之(NPO地域再創生プログラム)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  フィリップ・ウェブ《ウイリアム・モリス「赤い家」》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  パカーアンドアーウィン《レッチワース・ガーデンシティ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

pic  パカーアンドアーウィン《ハムステッド・ガーデンサバーブ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  シェイクスピアの生家 [1] [2]

pic  ナッシュの家 [1] [2]

pic  グラマースクール、求貧院 [1] [2]

pic  ウインドミル・イン

pic  ヘンリーストリートの家

pic  ハーバードハウス、ガーリックイン

pic  ハーフティンバーの街並み [1] [2] [3] [4]

pic  街並み [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ウイリアム・グリヴェルハウス

pic  マーケットホール [1] [2] [3] [4]

pic  パイク・コテッジ

pic  コテッジ [1] [2] [3]

pic  ビル・ダンスター《BedZED》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  British Research Establishment(BRE)《実験住宅 ミレニアム・ハウス》 [1] [2] [3] [4]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:42 世界一周
次の記事:40 深セン
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る