PHOTO ARCHIVES

41 イギリス

産業革命発生の地イギリスでは産業革命後、新たに生じた中産階級や工場労働者の為の革新的な住宅計画や住宅都市計画が、19世紀後半から20世紀初頭に掛けて実現している。農村から都市へ流入した大量の住宅需要がもたらした劣悪なスラムに対抗する社会活動家や建築家達の、止むに止まれぬ理想郷を求めた行動や芸術運動が、実現の源になっている。おそらく建築家が職業として一般的小住宅や住宅中心の都市計画へ、社会的側面から積極的に取り組んだ史上初めての試みであろう。それはウイリアム・モリスの「アーツ・アンド・クラフト運動」やエベネザー・ハワードの「田園都市構想」であり、当時の建築家たちのデザイン運動ドメスティック・リバイバル「住宅の復興」等である。
今回はそれらを代表するウイリアム・モリスの自邸《赤い家》、最初の田園都市《レッチワース・ガーデンシティー》最初の近郊住宅都市《ハムステッド・ガーデンサバーブ》、伝統様式からの脱皮「バナキュラー・リバイバル」のモチーフとなった「コッツウォルズ地方の街々」へ、現代住宅のルーツを探りに訪れた。加えて、サステイナブル・ハウジング事例調査研究先の実験的住宅2例を紹介する。



[撮影者:八木晴之(NPO地域再創生プログラム)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  フィリップ・ウェブ《ウイリアム・モリス「赤い家」》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  パカーアンドアーウィン《レッチワース・ガーデンシティ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

pic  パカーアンドアーウィン《ハムステッド・ガーデンサバーブ》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  シェイクスピアの生家 [1] [2]

pic  ナッシュの家 [1] [2]

pic  グラマースクール、求貧院 [1] [2]

pic  ウインドミル・イン

pic  ヘンリーストリートの家

pic  ハーバードハウス、ガーリックイン

pic  ハーフティンバーの街並み [1] [2] [3] [4]

pic  街並み [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  ウイリアム・グリヴェルハウス

pic  マーケットホール [1] [2] [3] [4]

pic  パイク・コテッジ

pic  コテッジ [1] [2] [3]

pic  ビル・ダンスター《BedZED》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  British Research Establishment(BRE)《実験住宅 ミレニアム・ハウス》 [1] [2] [3] [4]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:42 世界一周
次の記事:40 深セン
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

シンポジウム「Contagious Difference; Connections and Deviations 伝染性差異:接続と逸脱」(港区・7/20)

私たちが生きる21世紀最初の20年は、これらの時代と類似した混乱と分断の時代である。このような過渡...

出島表門橋製作ドキュメンタリー映像『BRIDGE』上映会+トーク(京都府・8/1)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタリ...

建築情報学会キックオフ準備会議第3回(文京区・8/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み(港区・7/7-8/26)

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。 現代オース...

建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

建築新人戦は、所属する教育機関(大学・短期大学・専門学校・高等専門学校)で取り組んだ設計課題作品...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...

海を渡ったニッポンの家具-豪華絢爛仰天手仕事-(大阪府・6/8-8/21)

1873年のウィーン万博で一躍人気を博した日本の工芸品。浮世絵をきっかけに巻き起こった欧州のジャポ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る