PHOTO ARCHIVES

38 ロシア

「祭りの場」を意味する言葉、「キージ」に儀式のための施設建設は始まった。当時の教会は落雷、老朽化による解体のため消失する。その後、北方戦争のために中断されるが、北方の領土奪回、ピョートル1世の改革成功による社会的気運の高まりを背景に、木造建築のアンサンブルが再建されることになる。
1714年竣工、1936年まで現役で活躍したプレオブラジェンスカヤ教会も、現在は劣化がひどく内部には入れない。驚くほど静かに、その建築は建っていた。力強さはなくただ繊細で華奢な女性的な造形である。静かに優しく存在していた。
6月、夏に入る直前の天気は変わりやすい。しとしとと雨が降り始めたかと思うと雲のあいだから日差しが差し込む。それを受けるかのように屋根葺きの鋤(すき)頭に使われる箱柳も七変化する。箱柳は雨や雪にさらされることによりいっそう防水性が高まり、また時が経つにつれて味のある光沢を放つようになる。



[撮影者:吉田真希(藤岡建築研究室)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

[コストロマ]

○野外歴史建築文化財博物館

pic  ヨアン・ボロスラヴ教会

pic  教会

pic  住居 [1] [2]

pic  19世紀の木造住宅

pic  サウナ小屋

pic  風車

pic  三段造りの礼拝堂

[キージ島]

pic  プレオブラジェンスカヤ教会(夏の教会)/ポクローフスカヤ教会/鐘楼 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

○屋外博物館

pic  オフシェーネヴォ村の家 [1] [2]

[ノヴゴロド]

○ヴィトスラーヴリツィ木造建築博物館

pic  トゥニーツキー小屋 [1] [2]

pic  聖ニコラ聖堂教会 [1] [2]

pic  トロイッツァ教会

pic  納屋

pic  礼拝堂

pic  乾燥小屋付き穀物置き場

pic  聖母誕生教会

pic  ウスペーニエ教会

pic  エキーモヴァ小屋 [1] [2]

pic  風車

pic  ウスペーニュ教会

pic  ニコラ教会

pic  礼拝堂


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:39 ティボリ
次の記事:37 バルセロナ(バルセロナ・パヴィリオン)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る