PHOTO ARCHIVES

37 バルセロナ(バルセロナ・パヴィリオン)

1929年、バルセロナ万博の際にミース・ファン・デル・ローエが設計したパビリオン。会期の終了後解体されるが、1986年に同じ場所に再建される。残念ながら当時の石材は残されていなかったので石の模様は異なる。屋根等の構造も鉄骨からRCへと大幅に変更が加えられており完全な再現とはいえない。また、建物への本当のアプローチは裏の土手側という話も聞いた事がある。しかしながらそのような違いがあるにせよ空間は比率的に完璧に再現されており、そのバランスは一度経験してしまうとあまりにも饒舌で筆舌尽くしがたい。
そのなかでもこの建物の最大の魅力が対立する要素の積層化だ。工業生産的手法と手工業的手法、古典的要素と現代的要素、幾何学的な等分割とズレた分割、解放と閉鎖、面と線、固体と液体、透過と不透過、艶(映り込み)と不光沢、明と暗、本体と離れ(ショップ)、細部と全体などなど、挙げれば切りがないがこれらが幾重にも重なり合い、より複雑で多様性を持った、まさにバロックとも言えるほどの高密度な空間を生み出している。
もうひとつの魅力が建物を見て廻る際に次々と現われる空間の変化だ。良くできた映画の如くその小さな建物の内外でストーリー仕立てよろしく非常に多くの空間体験をさせられる。閉鎖と開放、視線の透過と遮蔽、内部と外部の切り替え、制限された移動と解放された移動、内部的な外部と外部的な内部、映り込みによる空間の拡張と消失、反転する軸線。一度では見落としてしまう。何度も廻って初めて気付く事も多い。その折り重ねられたシナリオの複雑さには舌を巻く。
対立する要素の共存。折り重ねられたシナリオ。このことはこの建物について語ろうとする時、一辺倒な解釈を許さない事でもある。この建物についていまでも多くの解釈がなされるのはそれゆえだろう。 その場を離れながらこう考える。そこで起きている事は意図的なのか偶然なのか? 出来上がったものは完全なのか不完全なのか? 思考的な混乱を引き起こしながらも、設計後70年以上も経て尚それは確かに存在している。



[撮影者:横関浩(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

○ミース・ファン・デル・ローエ《バルセロナ・パビリオン》

pic  広場側遠景

pic  アプローチ外観

pic  アプローチ階段/アプローチガラス映り込み

pic  エントランス/テラス池からエントランスを見る

pic  アプローチからテラスを見る [1] [2]

pic  エントランスの壁と柱/エントランスからポーチを見る

pic  エントランスからテラスを見る

pic  エントランスの柱と壁の関係/大理石の壁に映り込む柱とテラス

pic  エントランスのドア/エントランスから内部を見る

pic  内部を見渡す [1] [2] [3] [4]

pic  内部 [1] [2]

pic  中庭のガラスのスクリーン

pic  ガラスのスクリーンと柱 [1]

pic  中庭側からガラスのスクリーンを見る/中庭の縁

pic  ガラススクリーンの映り込み [1] [2]

pic  ガラスのスクリーンと柱 [2]/中庭の縁に落ちる影

pic  中庭側から土手側のアプローチを見る

pic  土手側のエントランスからガラスのスクリーンを見る/土手側のエントランス [1]

pic  土手側のエントランス [2]/土手側のガラススクリーン足元

pic  土手側外観 [1] [2] [3]

pic  土手側アプローチからテラスを見る

pic  ポーチからショップ方向を見る

pic  ポーチから土手側アプローチを見る/ポーチに落ちる影

pic  ポーチからテラスを見渡す [1] [2] [3] [4]

pic  ポーチ柱の写り込み

pic  テラスからエントランスの庇を見る

pic  テラスのベンチから中庭を見通す

pic  広場側エントランスからショップを見る/テラスベンチからショップ方向を見る

pic  ショップからテラスの池を見る/ショップガラスの映り込み

pic  ショップから壁と庇の関係を見る/ショップから土手側のアプローチを見る

pic  壁と屋根の関係 [1]/テラス池と自立壁の関係

pic  ショップサッシディテール/ショップ壁と屋根の関係 [1]

pic  ショップ壁と屋根の関係 [2]

pic  壁と屋根の関係 [2]/大理石映り込み

pic  テラス池の玉砂利と映り込み

pic  壁と屋根の関係 [3]/床と壁の関係

pic  広場側外観

pic  ポーチから見渡す

pic  土手側外観

pic  内観


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:38 ロシア
次の記事:36 伊東忠太
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る