PHOTO ARCHIVES

32 チャンディガール

カンボジア経由ニューデリーのスラム建築を通過しチャンディガールの建築群に触れた。巨匠が力こぶを入れた理想の都市なのだと感じ入るというより、ここにある風土をたくみに建築化し建築と人・人が豊かに生きている様が心地よかった。上野の森にもテントはある。議事堂の大きな庇の足下にも数張りあって、人・人は柱にロープを張り洗濯物を干している。隣国とのイザコザが絶えないので、議事堂周辺には銃を抱えた兵士が立っている。この場に有る様はパブリックという概念の一部理想の姿のようにみえた。上野の森のコルビュジエ建築は免震装置をつけ安全になったが、彼が求めた建築の姿とはほど遠く、「制度が手を加え続けた末に怪物/異物に変身してしまっのかなー」と人工の丘で日向ぼっこをしながら遠くの上野の森のことを少し思いだした。これらの写真は上手いとはいえないけど、同一写真でフォトコラージュを公開しましたのでどちらも見ていただければ幸いです。

※佐藤氏によるフォトコラージュチャンディガール編は下記URLでご覧ください。

http://www.daifukuya.com/~photowal/sato/10-1/le/chandigarh.html

http://www.daifukuya.com/~photowal/sato/lec/chandigarh.html



[撮影者:佐藤敏宏(建築家/TAF設計)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  ル・コルビュジエ《チャンディガール・TOWER OF SHADOWS》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  ル・コルビュジエ《チャンディガール・州会議事堂》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

pic  ル・コルビュジエ《チャンディガール・総合庁舎》 [1] [2] [3]

pic  ル・コルビュジエ《チャンディガール・高等裁判所》

pic  ル・コルビュジエ《チャンディガール・THE OPEN HAND》 [1] [2]

pic  ル・コルビュジエ《チャンディガール・州都》 [1] [2]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:33 佐藤敏宏
次の記事:31 東京[3]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る