PHOTO ARCHIVES

29 神奈川

神奈川は東京に隣接しながら、東京文化に埋没せず、独自の文化性を維持している。横浜を始め、鎌倉、湘南、箱根と地名を聞くだけで、その地域の豊かな自然と共に地域環境が思い浮かべられる。住民は交通至便さから都心へ通勤が多く、都会的センスと自然や文化への意識の高さを合わせ持ち、教育やリゾート施設は逆に都心からの利用度が高い。多くの自治体や団体、施設が財政的にも豊かで建築への文化的意識は高い。
そんな環境のもと、神奈川に展開される建築は建築家の力量が伸び伸びと発揮されている例が多く見受けられる。
優れた建築が本来持つ力を改めて感じられる建築を幾つか紹介した。
そこにはデザインにより磁場が創り出され、建築芸術が醸し出す至福の時間が味わえる。



[撮影者:八木晴之(積水ハウス)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  FOA《横浜港大桟橋国際客船ターミナル》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  渡辺栄治《鎌倉文学館》旧前田利為公爵別荘 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  富士屋ホテル [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  槇文彦《慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  葉祥栄《デルタ館(SFCデジタルラボ棟)》

pic  谷口吉生《慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部》

pic  槇文彦《藤沢市秋葉台文化体育館》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

pic  長谷川逸子《藤沢市湘南台文化センター》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:30 ボッロミーニ
次の記事:28 横浜[2]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る