PHOTO ARCHIVES

29 神奈川

神奈川は東京に隣接しながら、東京文化に埋没せず、独自の文化性を維持している。横浜を始め、鎌倉、湘南、箱根と地名を聞くだけで、その地域の豊かな自然と共に地域環境が思い浮かべられる。住民は交通至便さから都心へ通勤が多く、都会的センスと自然や文化への意識の高さを合わせ持ち、教育やリゾート施設は逆に都心からの利用度が高い。多くの自治体や団体、施設が財政的にも豊かで建築への文化的意識は高い。
そんな環境のもと、神奈川に展開される建築は建築家の力量が伸び伸びと発揮されている例が多く見受けられる。
優れた建築が本来持つ力を改めて感じられる建築を幾つか紹介した。
そこにはデザインにより磁場が創り出され、建築芸術が醸し出す至福の時間が味わえる。



[撮影者:八木晴之(積水ハウス)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  FOA《横浜港大桟橋国際客船ターミナル》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  渡辺栄治《鎌倉文学館》旧前田利為公爵別荘 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  富士屋ホテル [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  槇文彦《慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  葉祥栄《デルタ館(SFCデジタルラボ棟)》

pic  谷口吉生《慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部》

pic  槇文彦《藤沢市秋葉台文化体育館》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

pic  長谷川逸子《藤沢市湘南台文化センター》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:30 ボッロミーニ
次の記事:28 横浜[2]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る