PHOTO ARCHIVES

28 横浜[2]

輸入や西洋風スタイル住宅流行は日本住文化の破戒行為であるとの声を耳にする。はたしてそうなのだろうか。この根強い西洋館嗜好はここ最近だけの傾向だけではなさそうである。はたして何処からきたのだろう。そのひとつが観光客と横浜の山手西洋館郡を散策するとわかってくる。 居留地の居住エリア山手は異人館と、暮らしを支える豊かな西洋文明とともにスタートした。山手西洋館は欧米最先端の技術とライフスタイルを具現化した西洋文明の象徴「憧れの的」となりつねに全国に伝播し続ける。現存する山手西洋館群は大正から昭和初期にかけてであるが、この時代になるとJ・H・モーガンをはじめ、山手西洋館の作り手たちは日本の気候風土を配慮した、日本化西洋館を実現し始める。
彼等により全国各地の素封家や知識人に受け入れられやすい西洋館となり、住文化の一部として根付いたのではないだろうか。



[撮影者:八木晴之(積水ハウス)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  J.H.モーガン《山手111番館》 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  イギリス館 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  山手267館

pic  山手十番館 [1] [2]

pic  山手資料館 [1] [2]

pic  朝香吉蔵《山手234番館》 [1] [2] [3] [4]

pic  アントニン・レーモンド《エリスマン邸》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  朝香吉蔵《えの木てい》 [1] [2] [3] [4]

pic  J.H.モーガン《ベーリック・ホール》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  J.M.ガーディナー《外交官の家》 [1] [2] [3]

pic  ブラフ18番館 [1] [2] [3]

pic  山手214番館

pic  糸川工務店《カトリック横浜司教館別館》

pic  妻木頼黄《カトリック横浜司教館別館》

pic  浦辺鎮太郎《大仏次郎記念館》

pic  浦辺鎮太郎《神奈川近代文学館》

pic  神奈川県営繕課《横浜地方気象台》

pic  J.H.モーガン《横浜司山手聖公会》 [1] [2]

pic  J.J.スワガー《カトリック山手教会聖堂》

pic  W.M.ヴォーリス《横浜共立学園》


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:29 神奈川
次の記事:27 横浜[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る