PHOTO ARCHIVES

28 横浜[2]

輸入や西洋風スタイル住宅流行は日本住文化の破戒行為であるとの声を耳にする。はたしてそうなのだろうか。この根強い西洋館嗜好はここ最近だけの傾向だけではなさそうである。はたして何処からきたのだろう。そのひとつが観光客と横浜の山手西洋館郡を散策するとわかってくる。 居留地の居住エリア山手は異人館と、暮らしを支える豊かな西洋文明とともにスタートした。山手西洋館は欧米最先端の技術とライフスタイルを具現化した西洋文明の象徴「憧れの的」となりつねに全国に伝播し続ける。現存する山手西洋館群は大正から昭和初期にかけてであるが、この時代になるとJ・H・モーガンをはじめ、山手西洋館の作り手たちは日本の気候風土を配慮した、日本化西洋館を実現し始める。
彼等により全国各地の素封家や知識人に受け入れられやすい西洋館となり、住文化の一部として根付いたのではないだろうか。



[撮影者:八木晴之(積水ハウス)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  J.H.モーガン《山手111番館》 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

pic  イギリス館 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  山手267館

pic  山手十番館 [1] [2]

pic  山手資料館 [1] [2]

pic  朝香吉蔵《山手234番館》 [1] [2] [3] [4]

pic  アントニン・レーモンド《エリスマン邸》 [1] [2] [3] [4] [5]

pic  朝香吉蔵《えの木てい》 [1] [2] [3] [4]

pic  J.H.モーガン《ベーリック・ホール》 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

pic  J.M.ガーディナー《外交官の家》 [1] [2] [3]

pic  ブラフ18番館 [1] [2] [3]

pic  山手214番館

pic  糸川工務店《カトリック横浜司教館別館》

pic  妻木頼黄《カトリック横浜司教館別館》

pic  浦辺鎮太郎《大仏次郎記念館》

pic  浦辺鎮太郎《神奈川近代文学館》

pic  神奈川県営繕課《横浜地方気象台》

pic  J.H.モーガン《横浜司山手聖公会》 [1] [2]

pic  J.J.スワガー《カトリック山手教会聖堂》

pic  W.M.ヴォーリス《横浜共立学園》


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:29 神奈川
次の記事:27 横浜[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション
ページTOPヘ戻る