PHOTO ARCHIVES

27 横浜[1]

横浜の旧居留地関内山手エリアのインフラは明治9年頃実現されたイギリス土木技師プラントンの「日本最初の近代的都市計画」にはじまる。商業用山下(関内)地区、住宅用山手地区、日本大通、横浜公園、山手公園等が今に残る。近代都市インフラと洋風生活インフラの元、日本の近代建築・住宅が凝縮され建設され、その多くが現存する街が横浜である。横浜の近代建築は市民に愛され市民と共にある。その市民の文化的風土にささえられた横浜市は「都市デザイン室」を中心に歴史的建築文化都市・横浜を育んで推進をしている。最近の赤レンガ倉庫を始め様々な再生保存の推進、特に神奈川は元より東京からも移築保存し無料公開している山手地区「西洋館群の運営」等の活動には感銘を受ける。



[撮影者:八木晴之(積水ハウス)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

pic  渡辺仁《ホテル・ニューグランド》 [1] [2]

pic  旧英国7番館

pic  英国工務省《横浜開港資料館旧館》 [1] [2]

pic  雪野元吉《横浜海岸教会》

pic  モバーバード・M・ウォード《旧露亜銀行》

pic  逓信省営繕課(中山広吉)《旧横浜市外電話局》

pic  神奈川県内務課(小尾嘉郎)《神奈川県庁本庁舎》 [1] [2]

pic  福田重義《横浜開港記念会館》 [1] [2] [3]

pic  綜通横浜ビル/外壁保存 [1] [2] [3]

pic  大倉土木《横浜貿易協会》

pic  大蔵省臨時建築部(妻木頼黄)《赤レンガ倉庫》 [1] [2] [3] [4]

pic  和田順顕《横浜郵船ビル》

pic  遠藤於菟《三井物産横浜ビル》

pic  大蔵省営繕管財局《横浜地方・簡易裁判所》

pic  横浜市建築課《旧横浜商工奨励館》

pic  渡辺節《旧日本綿花横浜支店》

pic  大熊喜邦+林豪蔵《旧横浜銀行集会所》 [1] [2]

pic  遠藤於菟《旧正糸検査所》 [1] [2]

pic  安田銀行営繕課《旧安田銀行横浜支店》

pic  妻木頼黄+遠藤於菟《旧横浜正金銀行》 [1] [2]

pic  矢部又吉《日本興亜馬車道ビル》 [1] [2]

pic  竹中工務店《横浜指路教会》

pic  出浦高介+鈴木禎次《横浜松坂屋本館》

pic  大林組《横浜松坂屋西館》

pic  坂倉建築研究所東京《横浜人形の家》 [1] [2] [3]

pic  坂倉建築研究所東京《創和エクステリア》(山下公園再整備) [1] [2] [3]

pic  日建設計《神奈川県民ホール》

pic  坂倉準三《シルクセンター》

pic  横浜都市デザイン室監修《開港広場》

pic  浦辺鎮太郎《横浜開港資料館新館》

pic  村野藤吾《横浜市役所》 [1] [2]

pic  芦原義信《横浜市民文化会館》

pic  坂倉準三《神奈川県新庁舎》

pic  宮脇檀《金綾酒家》

pic  中華街

pic  横浜元町


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:28 横浜[2]
次の記事:26 ラスヴェガス
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

移動する中心|GAYA 活動メンバー募集「サンデー・インタビュアーズ」説明会(世田谷区・11/27)

ロスト・ジェネレーションによる「声」の採集《準備編》 何を好み、嫌ったのか。 いつ笑い、泣いたのか...

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る