PHOTO ARCHIVES

24 ポルトガル

シザの建築とポサーダ(修道院などのリノベーションによるホテル)を見るためにポルトガルを回ってきました。車で2400キロちょっとの行程です。日本でシザの資料に感じていたのは「この写真では何かが抜け落ちている」という感覚でした。徹底した「白」への傾倒が一見ヴァーチュアルな空間の印象を与えていました。その不可解さに対し現地で身をもって判断してこようと考えました。
近代空間を標榜するシザのテーゼにもかかわらずそこでは空間はパラーディオのようにむしろ「伝統的な実体」として取り扱われていることが理解できました。「空間」はけっして空虚/voidではないのです。非常に密実な内容を持って身体に訴えかけるオブジェクトでした。その意味で初期のレサのプールと、新しいポルト現代美術館の間には断絶はないのです。



[撮影者:新堀学(建築家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

 

[リスボン Lisbon]

pic  ギュスターヴ・エッフェル《サンタ・ジュスタ・エレベーター》
       Gustave Eiffel, Elevador de Santa Justa

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《ポルトガル・エキスポ '98》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Expo '98 Portuguese Pavilion

[レサ・ダ・パルメイラ Leca da Palmeira]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《レサの海浜プール》 [1] [2]
       ALVARO SIZA VIEIRA, Quinta da Conceicao swimming pool

pic  ボア・ノバ・ティーハウス / レストラン
       Boa Nova tea-house/restaurant

[ポルト Porto]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《アルヴァロ・シザ・オフィース》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Alvaro Siza office

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《ポルト大学建築学部》 [1] [2] [3]
       ALVARO SIZA VIEIRA, Faculty of Architecture, University of Porto

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《カルロス・ラモス・パヴィリオン》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Carlos Ramos Pavillion

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《ポルト現代美術館》 [1] [2]
       ALVARO SIZA VIEIRA, Contemporary Art Museum Porto

[ヴィラ・ド・コンデ Vila do Conde]

pic  《ボルゲス・イルマン銀行》
       Borges e Irmao bank

[アマレス Amares]

pic  エデュアルド・ソウト・モウラ《ポウザーダ・サンタ・マリア・ド・ボウーロ》 [1] [2]
       EDUARDO SOUTO MOURA, Pousada Santa Maria do Bouro

[サンチャゴ・デ・コンポステラ Santiago de Compostela]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《現代美術ガリシアセンター》 [1] [2]
       ALVARO SIZA VIEIRA

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《サンチャゴ大学メディア科学学部》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Faculty of Media Science, Santiago University

[マルコ・ドゥ・カナヴェーゼス Marco de Canavezes]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《マルコ・ドゥ・カナヴェーゼス・サンタマリア教会》 [1] [2] [3]
       ALVARO SIZA VIEIRA, Santa Maria Church of Marco de Canavezes

[オリヴェイラ・デ・アゼメイス Oliveira de Azemeis]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《ピント&ソット・マヨール銀行》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Pinto and Sotto Mayor Bank

[アヴェイロ Aveiro]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《アヴェイロ大学、給水塔》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Water Tower, University of Aveiro

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《アヴェイロ大学、図書館本館》 [1] [2]
       ALVARO SIZA VIEIRA, Main Library, University of Aveiro

[セトゥーバル Setubal]

pic  アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ《セトゥーバル教育大学》
       ALVARO SIZA VIEIRA, Water Tower, Setubal College of Education

pic  フィリペ・セルジオ《セトゥーバル・ポウザーダ》
       Filipe Terzio, Setubal Pousada


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:25 蘇州
次の記事:23 台湾
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「記憶の光跡展」関連イベント(港区・9/28、9/29-10/3)

2018年5月に岐阜県養老町で開催され、2日間で1000人を越える来場者を記録した教育委員会主催アー...

建築情報学会キックオフ準備会議第4回(渋谷区・10/5)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋すること...

Making the City Playable 2018 コンファレンス(千代田区・9/28)

英国のメディアセンター、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げた、「遊び」を通して都市と人が出...

LIXIL出版 中途採用のお知らせ

10+1websiteを運営するLIXIL出版では、 建築・デザインに関する書籍の編集スタッフを募...

石川初×大山顕「地上学への誘い」『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い』刊行記念(世田谷区・9/20)

LIXIL出版より発売中の『思考としてのランドスケープ 地上学への誘い──歩くこと、見つけること、...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

リノベーション・スタジオ展示会「カプセルタワーのメタボリズム(新陳代謝)2018」(中央区・8/27-9/1)

東京理科大学工学部建築学科4年の設計製図演習「建築・都市設計」では、現代の社会で建築が取り組むべき...

ミサワホームAプロジェクト シンポジウム「時間がよびさます建築」(京都府・9/26)

今回のシンポジウムは、今年度村野藤吾賞を獲得した平田晃久さんと、昨年、青森の八戸美術館と一昨年京都...

地域社会圏」と「現代総有」─個人・社会・空間をつなぐ新しい考え方─(千代田区・9/1)

人口減少と少子高齢化、東京への一極集中に代表される都市部と地方の格差拡大、グローバル化が進む中で...

「建築」への眼差し -現代写真と建築の位相-(品川区・8/4-10/8)

ニセフォール・ニエプスによって撮影された歴史上初の写真が作業場の窓から見える納屋と鳩小屋の映像であ...

UNBUILT: Lost or Suspended(品川区・8/4-10/8)

建築の歴史はある意味で「敗者の歴史」である。計画取り止めやコンペ敗北の時点から"過去"になることで...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...

WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION(公募・-9/24)

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wiki...

秋野不矩美術館開館20周年記念特別展「藤森照信展」(静岡県・8/4-9/17)

秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る