PHOTO ARCHIVES

最終回 フィレンツェのミケランジェロ建築[79点収録]

最終回 フィレンツェのミケランジェロ建築[79点収録]

ミケランジェロといえば、《ダビデ像》をつくった彫刻家として、また《システィナ礼拝堂》の天井画を描いた画家として広く知られているが、建築家としての作品も残している。そのなかでもミケランジェロのアイディアが非常に高い割合で実現されていると考えられる建築作品が、フィレンツェの《サン・ロレンツォ聖堂新聖具室》と《ラウレンツィアーナ図書館》であり、ここではその2作品に《パラッツォ・メディチ》〈跪座の窓〉を加えた3作品を紹介したい。いずれも著名な作品であるため、すでに数多くの研究書や作品集が出版されているとはいえ、紙面に制限のある出版物では細かいディテールまで紹介されていないことも多い。そこで、こちらのデジタルアーカイブでは、多くのディテールを中心に紹介することにした。

ミケランジェロの活躍した時代は、建築史の様式ではルネサンスからバロックへの狭間のマニエリスムとして位置づけられ、ルネサンス建築において規範となっていた規則を逸脱する造形がつくられた。例えば今回紹介する3作品において、ミケランジェロは「持送り(渦巻装飾)」ひとつとっても、すべて異なるバリエーションをつくり上げている。ものの形は、似たような形でも、スケールを変えたりディテールを変形させることによって、まったく別の意味を持つことがありえる。ミケランジェロは、古代ローマの、「正統な」規範に則った建築をつくることに精力を注がれていた時代に、その規範を「かたち」として捉えなおし、少しだけ何かが異なる形をつくり出したが(このことは彼が彫刻家としてキャリアをスタートしたことと無関係ではないだろう)、その「似て非なる形」は、あくまでも既存の形との対比を意図されたものであり、既存の「建築」に対する問いでもあった。そういう意味では、ミケランジェロの建築とは、ディテールまでを細かく見ることで、はじめて彼の本当の意図が読み取れるものかもしれない。

今回紹介する写真のほとんどは2016年9月にフィレンツェを再訪したときに撮影したものだが、《ラウレンツィアーナ図書館》と《サン・ロレンツォ聖堂新聖具室》に滞在した延べ4時間余りのあいだ、見れば見るほど新しい発見があり興味は尽きなかった。筆者にこのような目を開かせてくれたのは、2006-07年のイタリア留学中に教えを受けたフィレンツェ大学のガブリエーレ・モロッリ先生の講義で、ここでのキャプションのアイディアの多くはその講義に負っている。また、《ラウレンツィアーナ図書館》の階段の段数については、野口直人氏にご教示いただいた。

参考文献
- San Lorenzo 393-1993 L'Architettura Le vicende della fabbrica, a cura di Gabriele Morolli e Petro Ruschi, Aliena, 1993
- Michelangelo e il Disegno di Architettura, ed. Caroline Elam, Marsilio, 2006.
- Gabriele Morolli: Scucendo e ricucendo: Gherardo Silvani e l'invenzione delle mensole 'impunturate' per le finestre inginocchiate di Palazzo Guadagni, [OPUS INCERTUM], Anno II, numero 3, Edizione Polistampa, 2007, pp. 53-65]



[撮影者:菅野裕子(横浜国立大学大学院特別研究教員)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加


次の記事:199 インドのバンガロー
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る