PHOTO ARCHIVES

199 インドのバンガロー

199 インドのバンガロー

イギリスの植民地住宅として発展した「バンガロー」の起源はインドに遡る。バンガローとはベンガル語で「ベンガル風の」という意味を持ち、インド特有の気候に対応するために、インドベンガル地方の農民住宅の特徴を取り入れたイギリス人住宅がはじまりとされている。住宅の四方をヴェランダに囲まれた平屋を基本形としており、インドでスタイルが確立された後、イギリスの週末住宅や郊外住宅として発展。オーストラリア「クイーンズランダー」やアメリカ西海岸「カリフォルニア・バンガロー」などに渡り、コロニアルスタイルのひとつとして多くのバリエーションが生まれ、世界各国に広まった。

インドにおけるバンガローの系譜は大きく2つある。1900年以降、イギリス軍のカントンメント(駐屯地)に建設されたバンガローと、1850年前後から開拓されたインドの紅茶農園に建設されたバンガローである。ここでは紅茶農園のバンガローを紹介したい。2014年8月にインド北部のダージリン、ドアーズ、アッサムを旅し、バンガローの実測調査を行なった。各エリアは地形や標高、気候、現地で入手可能な建材が異なり、それがバンガローの特徴に表れている。

かつて紅茶農園では茶畑と工場のほかに、ディレクターバンガロー、マネージャーバンガロー、スタッフバンガローと役職に応じた家具・家電付きのバンガローが供給されていた。なかでもディレクターバンガローはイギリス人駐在員が長期的に住むこと、イギリス本国からの来客も想定された住宅であり、贅沢なつくりになっている。未開拓な周辺環境とは切り離され、ヴェランダからは手入れされた芝生や緑を鑑賞することができ、一級品の家具がしつらえられるなど、イギリス本国の生活と比較しても遜色ない生活環境が用意されていた。当時のイギリス本国の住宅思考が読み取れるという点でも重要な資料といえよう。

現在ではティーツーリズムと結びつき、ヘリテッジホテルとして活用されているので宿泊も可能だ。周辺の村にも案内してもらえるので、是非訪れてみてほしい。



[撮影者:土岐文乃(東北大学助教)+宮原真美子(日本女子大学助教)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:最終回 フィレンツェのミケランジェロ建築[79点収録]
次の記事:198 西河村の伝統的風景
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る