PHOTO ARCHIVES

199 インドのバンガロー

199 インドのバンガロー

イギリスの植民地住宅として発展した「バンガロー」の起源はインドに遡る。バンガローとはベンガル語で「ベンガル風の」という意味を持ち、インド特有の気候に対応するために、インドベンガル地方の農民住宅の特徴を取り入れたイギリス人住宅がはじまりとされている。住宅の四方をヴェランダに囲まれた平屋を基本形としており、インドでスタイルが確立された後、イギリスの週末住宅や郊外住宅として発展。オーストラリア「クイーンズランダー」やアメリカ西海岸「カリフォルニア・バンガロー」などに渡り、コロニアルスタイルのひとつとして多くのバリエーションが生まれ、世界各国に広まった。

インドにおけるバンガローの系譜は大きく2つある。1900年以降、イギリス軍のカントンメント(駐屯地)に建設されたバンガローと、1850年前後から開拓されたインドの紅茶農園に建設されたバンガローである。ここでは紅茶農園のバンガローを紹介したい。2014年8月にインド北部のダージリン、ドアーズ、アッサムを旅し、バンガローの実測調査を行なった。各エリアは地形や標高、気候、現地で入手可能な建材が異なり、それがバンガローの特徴に表れている。

かつて紅茶農園では茶畑と工場のほかに、ディレクターバンガロー、マネージャーバンガロー、スタッフバンガローと役職に応じた家具・家電付きのバンガローが供給されていた。なかでもディレクターバンガローはイギリス人駐在員が長期的に住むこと、イギリス本国からの来客も想定された住宅であり、贅沢なつくりになっている。未開拓な周辺環境とは切り離され、ヴェランダからは手入れされた芝生や緑を鑑賞することができ、一級品の家具がしつらえられるなど、イギリス本国の生活と比較しても遜色ない生活環境が用意されていた。当時のイギリス本国の住宅思考が読み取れるという点でも重要な資料といえよう。

現在ではティーツーリズムと結びつき、ヘリテッジホテルとして活用されているので宿泊も可能だ。周辺の村にも案内してもらえるので、是非訪れてみてほしい。



[撮影者:土岐文乃(東北大学助教)+宮原真美子(日本女子大学助教)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:最終回 フィレンツェのミケランジェロ建築[79点収録]
次の記事:198 西河村の伝統的風景
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る