PHOTO ARCHIVES

198 西河村の伝統的風景

198 西河村の伝統的風景

2016年10月初旬、突然プレゼンを中断され、満天の星を見た──。
河南省信陽市新県西河村は、観光客と25人の建築学生の使う電力に耐えきれず、村全体が停電してしまうほどの小さな村である。東北大学は毎年、修士課程の設計課題で海外の学生と合同ワークショップを行なう。今年は私たちのほかに中国から清華大学、浙江大学、台湾から中原大学が参加した。近年、都市と農村の経済・文化格差がなくなりつつある中国では、地域特性が消失しかねない現状だという。そこで私たちは伝統建築群が残りつつインフラなどの問題を抱える農村・西河村に10日間滞在し、復興を目的に現地調査およびグループごとの提案を行なった。
10月の頭は中国の観光シーズンで、山あいにある川沿いの道は、伝統建築と出店、観光客であふれかえっていた。道を外れ山のほうへ進むと、荒廃した畑もあれば、住民によって手を入れられている畑もある。私のチームは観光の道、畑、高台にある伝統住宅3軒までの斜面上に潜在する地域資源に着目し、調査を行なった。伝統住宅は四合院という、中庭の四方を切妻で囲むタイプで、組積造の閉鎖的なファサード、屋根部分は木組みの上に瓦を載せたものが大半である。その反面、住人はオープンマインドで、私たちを寝室まで構わず上げてくれた。
油茶と呼ばれる実、銀杏、栗など、地域特有の特産物があるのはこの地の誇る資源だが、ここでは水の使い分けも面白い。伝統住宅と畑の間に、古井とよばれる山の水をためておく石の壺が2つ並んでいた。片方は野菜を冷やしておくもので、もう一方では食器など少し汚れたものを洗う。それは住民たちの共用の洗い場であり、暗黙の了解で2つを使い分けている。また、人間が使った水を鶏が飲み、鶏が卵を産み、それを人間が食べるといった循環も成立している。しかし、トイレやお風呂といった水回りは整備されておらず、かつて山からの湧水を川へ運んだであろう堀も枯れていた。
清華大学がプロジェクトでコンバージョンした博物館、食堂、カフェなども含め、伝統的な建築や風景の数々を紹介する。



[撮影者:前田冴(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:199 インドのバンガロー
次の記事:197 ネパールの現状と被災状況
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る