PHOTO ARCHIVES

196 インド

196 インド

街は事件に溢れていた。駅をひとたび出れば、瞬く間に大勢のタクシー運転手が集まり、熱烈な歓迎のおかげでまっすぐ歩くことすらままならない。クラクションが鳴るほうを見れば、牛が数頭で道路を横切り、細い路地に入れば、傷だらけで毛が抜け落ちた犬がたむろし、こちらを睨んでくる。人々は、ごみを道端に捨て、野良犬や野良ブタや野良ヤギがそれを食べている。公共の場所にもかかわらず「入場料を払え!」と詐欺師に怒鳴られ、"からくない"からと店員に勧められたオムライスすらも辛い。インドで起こるすべての出来事が日本人の私たちにとっては常識の範囲外で、私たちの脳みそと肉体をこれでもかというほど刺激した。

2016年3月末から約2週間かけて、デリー、ジャイサルメール、ジョードプル、アーメダバード、コルカタの5都市を訪れた。一口にインドと言っても、その国土は広く、土地ごとの気候や歴史によって、さまざまな風景が現われている。デリーの中心部は、有名企業のオフィスや高級ショップ、チェーンの飲食店が立ち並び都市化が進んでいる一方、すぐ近くには、ムガル帝国の城や巨大なモスクが残されており、現代的な都市と歴史の厚みを一度に味わえる場所だ。
砂漠にほど近いジャイサルメールは、街自体が城壁に囲まれ、土でつくられた家々が日差しを浴びて金色に輝く城塞都市である。城内の迷路のような道と城の過剰なほどに細やかな装飾は、12世紀にこの土地を治めたバッティ家の力を現代まで知らしめている。
岩山の上に建つ巨大な砦が存在感を放つジョードプル。日差しが強いこの都市の街路は、日陰を伝って移動できるよう道幅がとてもせまい。建物の外壁は、日差しを反射するとともに、視覚的な冷涼作用を狙っているためなのか青く着色されており、それを砦から見下ろした風景は、「ブルーシティ」と呼ばれ、圧巻である。
インド西部、グジャラート州に位置するアーメダバードには、約300年前の王朝時代に建設された旧市街が存在する一方、経済発展に伴い多くの高層ビルが建設の真っ只中にある。そんなさまざまな風景がせめぎ合う都市のなかで、ずっしりとした佇まいで輝きを放ち続けるのは、ル・コルビュジエやカーン、ドーシらモダニズムの巨匠たちによって設計された建築群である。繊細な空間操作とインドの風土が織りなす建築群は半世紀経った今でも色褪せることのない魅力を備えている。
イギリス統治時代に首都が置かれたコルカタは、近年人口が急激に増加しているメガシティである。それまで巡った都市とは比べものにならないほどに街中は人で溢れ、交通渋滞を免れることは不可能だ。

今回は、インド国内の観光名所や名建築に加え、経済発展により目まぐるしく変化する都市のなかで生きる人々の日常もいくつか紹介したい。私たちは、インド人の自由奔放な人柄と彼らが生きる空間に思いを馳せ、今でも時々無性にインドが恋しくなるのである。



[撮影者:吉川尚哉(東北大学大学院)+川崎光克(東京大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:197 ネパールの現状と被災状況
次の記事:195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る