PHOTO ARCHIVES

194 あいちトリエンナーレ2016

194 あいちトリエンナーレ2016

愛知県で2016年8月11日(木)〜10月23日(日)に開催された、あいちトリエンナーレ2016を紹介する。
2010年、2013年と続き、3回目となる今回のテーマは「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅 Homo Faber: A Rainbow Caravan」である。キャラヴァンサライとは、中東地域で見られる隊商宿を意味し、中庭のある建物に、倉庫や取引所、宿泊施設があり、旅人たちの休息の場となっている。38の国と地域から119組のアーティストが参加している国内最大級の芸術祭である。あいちトリエンナーレの特徴として、現代美術・映像プログラムはもちろん舞台芸術や教育普及プログラム、各種連携事業など多彩なプログラムがある。芸術監督に港千尋氏(写真家・著述家、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授〈映像人類学〉)を迎えた。ブラジルやトルコを拠点とするキュレーターによって、いままで日本ではあまり紹介されてこなかった作家が取り上げられている。また、「コラムプロジェクト」という小展示を行ない、作家や地域、テーマなどをつなぎ、掘り下げることによって今回のテーマ「虹のキャラヴァンサライ」のコンセプトを支え、作品に対して深く考える機会を与えている。会場は前回の名古屋地区(愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場等)、岡崎地区(岡ビル、シビコ、石原邸等)に加えて、豊橋地区(PLAT、水上ビル、開発ビル等)が追加された。豊橋市は愛知県で2番目に市制施行された歴史ある街で東三河地方の中心地として栄えている。名古屋・岡崎・豊橋と3都市を電車に乗って巡り、3つの都市の違いを感じつつ作品を鑑賞するのはまさに「旅」であり、とても有意義な時間であった。
掲載した写真は、市民団体等によるあいちトリエンナーレ2016連携事業のひとつである「あい撮りカメラ部」が撮影した写真である。



[撮影者:水野晶彦(あい撮りカメラ部)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  ジェリー・グレッツィンガー《ジェリーズマップ》

pic  三田村光土里《アート&ブレックファスト》

pic  カワヤン・デ・ギア《24コマ:4幕のパラダイム》

pic  田島秀彦《6つの余地と交換可能な風景》

pic  西尾美也+403architecture[dajiba]《パブローブ》

pic  竹川宣彰《新・猿蟹合戦 戦争と戦争の間に浮かぶ宇宙船より》

pic  味岡伸太郎《峠へ》

pic  マーク・マンダース《サイレント・スタジオ》

pic  大巻伸嗣《Echoes-Infinity》

pic  山田亘《大愛知なるへそ新聞》

pic  端聡《液体は熱エネルギーにより気体となり、冷えて液体に戻る。そうあるべきだ。2016》

pic  山城知佳子《土の人》

pic  岡部昌生《公益質屋遺構 貫かれた内部壁面の被弾痕》

pic  賴 志盛(ライ・ヅーシャン)《境界・愛知》

pic  ジョアン・モデ《NET project》

pic  ナターシャ・サドゥル・ハギギャン《労働の成果》

pic  今村文《あなたのこころはわたしのからだ》

pic  ルアンルパ《ルル学校》

pic  アドリアナ・ミノリーティ《プレイペン 3.0》

pic  佐藤翠《鏡のロイヤルブルークローゼット Ⅰ》

pic  関口涼子+フェリペ・リボン《vivier》

pic  柴田眞理子《コンポジション 鈍色と共に》

pic  シュレヤス・カルレ《帰ってきた、帰ってきた:横のドアから入って》

pic  二藤建人《人間、下流へと遡る川》

pic  野村在《それでも世界は周り続ける》

pic  石田尚志《絵馬・絵巻 2016》

pic  佐々木愛《はじまりの道》

pic  久門剛史《PAUSE》

pic  大巻伸嗣《重力と恩寵》

pic  グリナラ・カスマリエワ&ムラトベック・ジュマリエフ《ニュー・シルクロード:生存と希望のアルゴリズム》

pic  ラウラ・リマ《フーガ》

pic  森北伸《モダン・タイムス》

pic  三田村光土里+若園由香里《ナナちゃんの思い出の写真》

pic  大巻伸嗣《ベロタクシー》

pic  大巻伸嗣《ラッピングカー(プリウス)》

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:195 あいち建築──名古屋スリバチ学会編
次の記事:193 エチオピア
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る