PHOTO ARCHIVES

192 スリランカ

192 スリランカ

16世紀からポルトガル、オランダ、イギリスの植民地となり1972年に共和国として独立したスリランカ。最大の都市であるコロンボは官公庁の近代的なビルが集まる地区に植民地時代のコロニアル建築物が残り、ヒンドゥー、仏教の寺院やモスク、商業地区の庶民的なエリアが広がり、無国籍な印象を受ける。植民地時代から砦が築かれたスリランカ南部のゴールは要塞都市としての様相が色濃く残り、内陸部には巨大な岩山の頂上に王宮が建造された古都シーギリヤや、ブッダの歯が祀られた仏歯寺で有名な聖地キャンディといったユニークな都市も点在する。
コロンボからゴールまでのあいだのベントータはビーチリゾートとして開発されており、国会議事堂の設計も手がけたスリランカの建築家であるジェフリー・バワ(1919-2003)は周辺に多くの建築を残している。熱帯の気候を配慮し中庭を設けた伝統的な建築手法や、仏教寺院の天井画など歴史的な意匠の引用も随所に見ることができる。スリランカの贅沢なランドスケープとのんびりとした時間の流れのなかで過ごす空間はどこも居心地が良い。写真は2016年3月中頃に訪れたものである。すべての作品を巡れたわけではないが、50年以上かけて手を加えられたバワの理想郷である《ルヌガンガ》(1948-1998)や4軒の連なる長屋を増改築した《No.11》(1960-1998)をはじめ、こだわり抜かれた調度品とディティールの造形、内部と外部が織り込まれた豊かなシーンを写真から感じていただければ幸いである。



[撮影者:田中良平(東北大学大学院)+楠田博子(東北大学大学院修了)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:193 エチオピア
次の記事:191 インドネシア、アロール島の伝統的建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「ガウディをはかる-GAUDI QUEST-」5日連続ギャラリートーク(品川区・3/27-3/31)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「ガウディをはかる - GAUDI QUEST -」展にともない、実...

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る