PHOTO ARCHIVES

192 スリランカ

192 スリランカ

16世紀からポルトガル、オランダ、イギリスの植民地となり1972年に共和国として独立したスリランカ。最大の都市であるコロンボは官公庁の近代的なビルが集まる地区に植民地時代のコロニアル建築物が残り、ヒンドゥー、仏教の寺院やモスク、商業地区の庶民的なエリアが広がり、無国籍な印象を受ける。植民地時代から砦が築かれたスリランカ南部のゴールは要塞都市としての様相が色濃く残り、内陸部には巨大な岩山の頂上に王宮が建造された古都シーギリヤや、ブッダの歯が祀られた仏歯寺で有名な聖地キャンディといったユニークな都市も点在する。
コロンボからゴールまでのあいだのベントータはビーチリゾートとして開発されており、国会議事堂の設計も手がけたスリランカの建築家であるジェフリー・バワ(1919-2003)は周辺に多くの建築を残している。熱帯の気候を配慮し中庭を設けた伝統的な建築手法や、仏教寺院の天井画など歴史的な意匠の引用も随所に見ることができる。スリランカの贅沢なランドスケープとのんびりとした時間の流れのなかで過ごす空間はどこも居心地が良い。写真は2016年3月中頃に訪れたものである。すべての作品を巡れたわけではないが、50年以上かけて手を加えられたバワの理想郷である《ルヌガンガ》(1948-1998)や4軒の連なる長屋を増改築した《No.11》(1960-1998)をはじめ、こだわり抜かれた調度品とディティールの造形、内部と外部が織り込まれた豊かなシーンを写真から感じていただければ幸いである。



[撮影者:田中良平(東北大学大学院)+楠田博子(東北大学大学院修了)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:193 エチオピア
次の記事:191 インドネシア、アロール島の伝統的建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

「構造展─構造家のデザインと思考─」構造家 佐々木睦朗 特別講演会(品川区・10/5)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「構造展─構造家のデザインと思考─」(10月14日まで)の関連企画と...

建築レクチュアシリーズ217 槇文彦(大阪・10/4)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

トークイベント「Snøhetta SMALL TALK」(港区・10/15)

世界的に注目されている北欧ノルウェー発祥の建築デザイン事務所「Snøhetta」は、ノルウェーのオ...

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・200...

シンポジウム「Village in Metropolis-都市内共同体のつくりかた」(港区・10/2)

現代社会において、私たちの多くは都市という不特定多数の人々が混在する空間の中に住んでいます。都市は...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...

403architecture [dajiba]が設計している時にどうしてもこだわってしまう「建築」のこと 第3回(彌田徹)(静岡県・10/11)

「建築」とは建物そのものだけを指しているわけではありません。周辺の環境や歴史的な文脈、そして概念的な...

「New Nature/ 御手洗龍展──新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築」(港区・9/7-10/26)

東京都港区のプリズミックギャラリーで、建築家の御手洗龍による展覧会「New Nature / 御手洗...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」第4回 大西麻貴/第5回 猪熊純(港区・8/25,10/26)

illustration: Mariko FUKUOKA 建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんな...

東京ビエンナーレ公募プロジェクト"ソーシャルダイブ"(募集・-9/23)

東京ビエンナーレでは、公募プロジェクトである"ソーシャルダイブ"に参加するアーティストを募集します...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る