PHOTO ARCHIVES

192 スリランカ

192 スリランカ

16世紀からポルトガル、オランダ、イギリスの植民地となり1972年に共和国として独立したスリランカ。最大の都市であるコロンボは官公庁の近代的なビルが集まる地区に植民地時代のコロニアル建築物が残り、ヒンドゥー、仏教の寺院やモスク、商業地区の庶民的なエリアが広がり、無国籍な印象を受ける。植民地時代から砦が築かれたスリランカ南部のゴールは要塞都市としての様相が色濃く残り、内陸部には巨大な岩山の頂上に王宮が建造された古都シーギリヤや、ブッダの歯が祀られた仏歯寺で有名な聖地キャンディといったユニークな都市も点在する。
コロンボからゴールまでのあいだのベントータはビーチリゾートとして開発されており、国会議事堂の設計も手がけたスリランカの建築家であるジェフリー・バワ(1919-2003)は周辺に多くの建築を残している。熱帯の気候を配慮し中庭を設けた伝統的な建築手法や、仏教寺院の天井画など歴史的な意匠の引用も随所に見ることができる。スリランカの贅沢なランドスケープとのんびりとした時間の流れのなかで過ごす空間はどこも居心地が良い。写真は2016年3月中頃に訪れたものである。すべての作品を巡れたわけではないが、50年以上かけて手を加えられたバワの理想郷である《ルヌガンガ》(1948-1998)や4軒の連なる長屋を増改築した《No.11》(1960-1998)をはじめ、こだわり抜かれた調度品とディティールの造形、内部と外部が織り込まれた豊かなシーンを写真から感じていただければ幸いである。



[撮影者:田中良平(東北大学大学院)+楠田博子(東北大学大学院修了)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:193 エチオピア
次の記事:191 インドネシア、アロール島の伝統的建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る