PHOTO ARCHIVES

186 パリの展示空間とその周縁

186 パリの展示空間とその周縁

フランス・パリはあらゆる芸術において長い歴史を重ねてきた都市である。ルーブル美術館やオルセー美術館等が位置するエリアを中心とし同形に広がっていくこの都市では、合理的ともいえる円形のメトロの路線構造により、どこにでもわずか10-20分程度で行けてしまう。
それらの地区ごとをおおむね特徴づけているものは、古くから存在する例えばパンテオンやノートルダム大聖堂などと、そこに新しく根付き見事に共存しながら時代を更新してきた美術館、展示空間の存在である。建築やアートは等しく繰り返し大切に修繕され、もはやそのプロセスの見せ方さえ新たな空間やアートの提示としてごく当たり前のように提案されているほどだ。
今回はそれらの展示空間とその周縁を交えながら紹介したいと思う。



[撮影者:竹村優里佳(立命大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  フランソワ1世《ブローニュの森》(ルイ・ヴィトン・ミュージアム周辺)

pic  フランク・O・ゲーリー《ルルイ・ヴィトン・ミュージアム》 [1]

pic  フランク・O・ゲーリー《ルルイ・ヴィトン・ミュージアム》 [2]

pic  ルーブル美術館周辺

pic  フィリベール・ドロルム《ルーブル美術館》 [1]

pic  フィリベール・ドロルム《ルーブル美術館》 [2]

pic  ヴィクトール・ラルー《オルセー美術館》 [1]

pic  ヴィクトール・ラルー《オルセー美術館》 [2]

pic  《オランジュリー美術館》

pic  ポンピドゥー・センター周辺

pic  レンゾ・ピアノ+リチャード・ロジャース+ピーター・ライス《ポンピドゥー・センター》

pic  ピカソ美術館周辺

pic  ジャン・ド・ブイエ《ピカソ美術館》 [1]

pic  ジャン・ド・ブイエ《ピカソ美術館》 [2]

pic  ダリ美術館周辺 [1]

pic  ダリ美術館周辺 [2]

pic  ダリ美術館

pic  ジャン・ヌーヴェル+Architecture-studio《アラブ研究所》 [1]

pic  ジャン・ヌーヴェル+Architecture-studio《アラブ研究所》 [2]

pic  ジャン・ヌーヴェル+ジル・クレモン+パトリック・ブラン《ケ・ブランリ美術館》 [1]

pic  ジャン・ヌーヴェル+ジル・クレモン+パトリック・ブラン《ケ・ブランリ美術館》 [2]

pic  ルイ=イポリット・ボワロー+ジャック・カルリュ+レオン・アゼマ《シャイヨ宮》 [1]

pic  ルイ=イポリット・ボワロー+ジャック・カルリュ+レオン・アゼマ《シャイヨ宮》 [2]

pic  ラカトン&ヴァッサル《パレ・ド・トーキョー》 [1]

pic  ラカトン&ヴァッサル《パレ・ド・トーキョー》 [2]

pic  《ロダン美術館》(旧ビロン邸)

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:187 愛知(の知られざる建築)
次の記事:185 パリの都市空間と建築作品
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「ガウディをはかる-GAUDI QUEST-」5日連続ギャラリートーク(品川区・3/27-3/31)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「ガウディをはかる - GAUDI QUEST -」展にともない、実...

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る