PHOTO ARCHIVES

186 パリの展示空間とその周縁

186 パリの展示空間とその周縁

フランス・パリはあらゆる芸術において長い歴史を重ねてきた都市である。ルーブル美術館やオルセー美術館等が位置するエリアを中心とし同形に広がっていくこの都市では、合理的ともいえる円形のメトロの路線構造により、どこにでもわずか10-20分程度で行けてしまう。
それらの地区ごとをおおむね特徴づけているものは、古くから存在する例えばパンテオンやノートルダム大聖堂などと、そこに新しく根付き見事に共存しながら時代を更新してきた美術館、展示空間の存在である。建築やアートは等しく繰り返し大切に修繕され、もはやそのプロセスの見せ方さえ新たな空間やアートの提示としてごく当たり前のように提案されているほどだ。
今回はそれらの展示空間とその周縁を交えながら紹介したいと思う。



[撮影者:竹村優里佳(立命大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  フランソワ1世《ブローニュの森》(ルイ・ヴィトン・ミュージアム周辺)

pic  フランク・O・ゲーリー《ルルイ・ヴィトン・ミュージアム》 [1]

pic  フランク・O・ゲーリー《ルルイ・ヴィトン・ミュージアム》 [2]

pic  ルーブル美術館周辺

pic  フィリベール・ドロルム《ルーブル美術館》 [1]

pic  フィリベール・ドロルム《ルーブル美術館》 [2]

pic  ヴィクトール・ラルー《オルセー美術館》 [1]

pic  ヴィクトール・ラルー《オルセー美術館》 [2]

pic  《オランジュリー美術館》

pic  ポンピドゥー・センター周辺

pic  レンゾ・ピアノ+リチャード・ロジャース+ピーター・ライス《ポンピドゥー・センター》

pic  ピカソ美術館周辺

pic  ジャン・ド・ブイエ《ピカソ美術館》 [1]

pic  ジャン・ド・ブイエ《ピカソ美術館》 [2]

pic  ダリ美術館周辺 [1]

pic  ダリ美術館周辺 [2]

pic  ダリ美術館

pic  ジャン・ヌーヴェル+Architecture-studio《アラブ研究所》 [1]

pic  ジャン・ヌーヴェル+Architecture-studio《アラブ研究所》 [2]

pic  ジャン・ヌーヴェル+ジル・クレモン+パトリック・ブラン《ケ・ブランリ美術館》 [1]

pic  ジャン・ヌーヴェル+ジル・クレモン+パトリック・ブラン《ケ・ブランリ美術館》 [2]

pic  ルイ=イポリット・ボワロー+ジャック・カルリュ+レオン・アゼマ《シャイヨ宮》 [1]

pic  ルイ=イポリット・ボワロー+ジャック・カルリュ+レオン・アゼマ《シャイヨ宮》 [2]

pic  ラカトン&ヴァッサル《パレ・ド・トーキョー》 [1]

pic  ラカトン&ヴァッサル《パレ・ド・トーキョー》 [2]

pic  《ロダン美術館》(旧ビロン邸)

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:187 愛知(の知られざる建築)
次の記事:185 パリの都市空間と建築作品
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る