PHOTO ARCHIVES

185 パリの都市空間と建築作品

185 パリの都市空間と建築作品

フランス・パリにおいて一括りに芸術とされるジャンルにはさまざまなものが混在している。
例えば美術館で飾られる有名な絵画や彫刻・現代アートだけでなく、路上では地面をキャンバスにライブ・ペイントが行なわれ、広場では自画像を展示しその画力をアピールしながら似顔絵を描く人たちが多く存在する。またメトロの中では当たり前のようにアコーディオンや鉄琴、マイクを持った人たちが周囲を巻き込みながら演奏を始める。建築においても歴史的建造物から現代建築までさまざまな年代が混在しており、なかでも驚くべきことは、市民の多くが建築にもとても関心があるということだ。シャイヨ宮で行なわれたヴィオレ・ル・デュク展は、若者からお年寄りまで多くの人で溢れていた。次々と現われる新しいものに目を向けるだけでなく自国の歴史や建築を学び取ろうという姿勢がそこにはあった。彼らはつねに自らの価値観を磨き、古いものと新しいものの両者を射程に入れながらあらゆるものの価値を再定義している。
現地では古い建築や絵画を丹念に修復する作業が日常的に行なわれているが、日本のように修復中を閉館とするのではない。例えばパンテオンでは現代アーティストが修復中の建築を使ってそれとコラージュするような展示を行なっていたり、美術館内でも絵画の修復風景をまるで作品のように透明な囲いを用いて来場者に積極的に見せたりしていた。これらの名画に直接筆を加え更新していく価値観と、そのプロセスの魅せ方は、どこか日本にはない文化のように感じられとても新鮮であった。
今回はパリを中心として10日間巡り、そのなかでリヨンやモン・サン=ミシェルなどにも足を運んだ。建築とその周辺環境、人びとの街や建築の使いこなし方、それを繋げるインフラに着目しながら写真を選定した。サクレ・クール寺院の高台から見る日の出や、日が暮れてくるとライティングの始まるルイ・ヴィトン・ミュージアム、そしてそのすぐ近くのパリの夜景が一望できる凱旋門。それら三つの建築はパリの街に対して視点場を持ちそれぞれ異なる街のパノラマを切り取ると同時に、連続的な風景として存在している。時間や季節、その時々の光によって刻一刻と街や空間、風景の見え方や空気感の変化しているパリにおいてその一端をご紹介できれば幸いである。なお次回は同じくパリのルイ・ヴィトン・ミュージアム等の展示空間を新旧交えて紹介したい。



[撮影者:竹村優里佳(立命大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:186 パリの展示空間とその周縁
次の記事:184 台湾(宜欄)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る