PHOTO ARCHIVES

184 台湾(宜欄)

184 台湾(宜欄)

2015年5月上旬、大学の設計課題の一環で台湾の宜欄県を訪れた。宜欄は台湾の北東に位置し、三方を山に囲まれた扇状の平野が広がる。そのほぼ中央を流れる欄陽渓によって形成された肥沃な土壌では、稲作をはじめ農業が盛んに行なわれている。また、宜欄は地熱利用の可能性が検討されており、今回の課題はその地熱を利用しながら持続可能な農村集落のあり方を考えるというものであった。敷地調査では三星地方の農村を訪れたが、灌漑のための水路の様子や利用方法、所有者によって栽培する作物が異なっていること、風を防ぐ木が植えられていること、農民が手放してしまった土地に田園の風景にはそぐわない別荘と呼ばれる建物が建っていること等々、刺激的な発見が数多くあった。
今回はそんな宜欄県において、黃聲遠氏を中心に活動している設計集団フィールドオフィス・アーキテクツ(田中央聯合建築師事務所)を中心にご紹介したい。彼らの活動はいわゆる敷地の内側に建つ建築に留まらず、道や公園、橋などにも展開され、その土地に根ざした風景をつくり出しているようだった。そこには日本の場合、はっきり分かれている土木や建築などの「分野」という概念は存在せず、より良い地域の環境をつくるための手段が自然に選択された結果だけがあるように思えた。まだ発展途上と思われている台湾宜欄だが、そのゆったりした姿勢には私たちが学ぶことも多いのではないかと感じた。



[撮影者:菊池聡太朗(東北大学大学院工学研究科)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:185 パリの都市空間と建築作品
次の記事:183 スペイン(マドリード+バルセロナ+ビルバオ+トレド)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る