PHOTO ARCHIVES

184 台湾(宜欄)

184 台湾(宜欄)

2015年5月上旬、大学の設計課題の一環で台湾の宜欄県を訪れた。宜欄は台湾の北東に位置し、三方を山に囲まれた扇状の平野が広がる。そのほぼ中央を流れる欄陽渓によって形成された肥沃な土壌では、稲作をはじめ農業が盛んに行なわれている。また、宜欄は地熱利用の可能性が検討されており、今回の課題はその地熱を利用しながら持続可能な農村集落のあり方を考えるというものであった。敷地調査では三星地方の農村を訪れたが、灌漑のための水路の様子や利用方法、所有者によって栽培する作物が異なっていること、風を防ぐ木が植えられていること、農民が手放してしまった土地に田園の風景にはそぐわない別荘と呼ばれる建物が建っていること等々、刺激的な発見が数多くあった。
今回はそんな宜欄県において、黃聲遠氏を中心に活動している設計集団フィールドオフィス・アーキテクツ(田中央聯合建築師事務所)を中心にご紹介したい。彼らの活動はいわゆる敷地の内側に建つ建築に留まらず、道や公園、橋などにも展開され、その土地に根ざした風景をつくり出しているようだった。そこには日本の場合、はっきり分かれている土木や建築などの「分野」という概念は存在せず、より良い地域の環境をつくるための手段が自然に選択された結果だけがあるように思えた。まだ発展途上と思われている台湾宜欄だが、そのゆったりした姿勢には私たちが学ぶことも多いのではないかと感じた。



[撮影者:菊池聡太朗(東北大学大学院工学研究科)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:185 パリの都市空間と建築作品
次の記事:183 スペイン(マドリード+バルセロナ+ビルバオ+トレド)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション
ページTOPヘ戻る