PHOTO ARCHIVES

183 スペイン(マドリード+バルセロナ+ビルバオ+トレド)

183 スペイン(マドリード+バルセロナ+ビルバオ+トレド)

今春、友人が留学していることもあり、スペインを旅行する機会を得た。8日間という短い日程のなか、マドリード、バルセロナ、ビルバオ、トレドの4都市を見て周った。今回は、これら4都市について紹介したい。
まずは、マドリードについて紹介したい。石畳の一つひとつから歴史を感じる旧市街地から、現代建築が建ち並ぶ新市街地まで存在し、新旧のコントラストが感じられた。
続いてバルセロナ。バルセロナでは、ガウディの建築群からミースの《バルセロナ・パヴィリオン》、ヘルツォーク&ド・ムーロンの《フォーラム・ビルディング》など幅広い年代の建築を体験できた。街にはファサード建築が多く建ち並ぶ印象。ガウディの建築はドアノブやタイルひとつからもガウディの息遣いが感じられる作品となっている。モダニズムの礎とも言うべき《バルセロナ・パヴィリオン》は、どこか引き込まれるような感覚を覚える建築だった。《フォーラム・ビルディング》などの現代建築は、街並からかけ離れたスケールのものが目立ち、存在感を放っていた。
続いてビルバオ。重工業都市として知られているビルバオにおいて、荒廃するウォーターフロントの再生とグッゲンハイム美術館のヨーロッパにおける分館の設立の意向が相まって実現したのが、《ビルバオ・グッゲンハイム美術館》である。一見暴力的にも感じられるが、建築自体が街に対して強く影響を与えるような力強さを秘めているように感じた。空港から街へ向かうバスのなかから突如現われたその姿を見たときの高揚は忘れられない。
最後にトレドについて紹介したい。世界遺産指定都市としても有名なトレド。組石造からなる歴史地区は、強い土着性を感じる。長くイスラム教とキリスト教が共存していた都市としても知られている。そのため二つの文化の建築様式が入り乱れており、特異な雰囲気を醸し出していた。また街路も複雑に構成されていて、どこかイスラームの雰囲気があり、ほかのスペインの都市とは異なる都市構成であった。
それぞれに特徴があったが、どの都市にも歴史に彩られたモニュメントや中世の面影を感じる広場が数多く存在した。それらを起点に街路が形成されている印象をうける。
今回は、数多く見たスペイン建築のなかから抜粋して紹介した。スペイン建築の片鱗を少しでも感じていただければ幸いである。



[撮影者:河鰭公晃(東京理科大学理工学部建築学科)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:184 台湾(宜欄)
次の記事:182 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(後半)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る