PHOTO ARCHIVES

180 ドバイ及び周辺国

180 ドバイ及び周辺国

ドバイはもともと、漁業と真珠の輸出を主産業とした非常に質素な国であったが、1970年代以降、貿易と油田によって急激に観光立国に成長した。急ごしらえのチープで贅沢な空間に囲まれていると、ドバイで古くから培われていた文化は、まるで高層ビルの狭間に埋もれてしまったようであった。
ドバイに訪れる主目的は、贅沢と観光が大半だと思われるが、滞在するほどに、イスラムの色褪せないモチーフや寺院空間、市場に漂うスパイスの匂いや呼び込みの声、キリムのランプの繊細な輝きなど、そこに住む人々の普遍的な営みを、無意識のうちに探しはじめてしまうような国だった。
訪問した年は2013年であったが、いまだ急速な開発は留まらず、2020年にはドバイ・エキスポを控えている。東京五輪開催の年に、ドバイはどのような変化を遂げているのだろうか。



[撮影者:川村悠可(東京工業大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:181 イタリア諸都市──ミラノ、ローマを中心に(前半)
次の記事:179 イスタンブール
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座...

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る