PHOTO ARCHIVES

179 イスタンブール

179 イスタンブール

イスタンブールは人口1,400万人を超える大都市である。古くから東西の交通の要衝として栄え、ビザンチン帝国、オスマン帝国時代の重要な文化遺産が数多く残っているため、世界中から多くの観光客が集まる。イスタンブールは街の中心がボスポラス海峡と金角湾によって分割されているため、船が市民の身近な交通手段となっている。夕暮れ時に帰宅のために船に乗り、風を受けながら海の向こうのモスクを眺めていると、街の美しさに感動する。

トルコでもっとも有名な建築家にミマール・スィナン(ca. 1489-1588)の名があげられる。ギリシャ人でキリスト教徒の家庭に生まれたが、スルタン直属のイェニチェリ軍に登用するデヴシルメ制度により徴集された。軍人として各地に遠征し、船や橋などの建造に携わり、功績を認められ1538年に宮廷建築家に任命された。遠征先の地中海や中東、東欧など各地の名建築に触れ、調査を重ねたことにより建築に関する造詣を豊かなものにした。
イスタンブールには彼が建設と修理に関わったとされる建築が345件ある。とくに、イスタンブール最大のモスク《スレイマニエ・モスク》やタイルの美しい《リュシュテム・パシャ・モスク》などが有名だ。アヤソフィアの補強工事にも携わっている。
イスタンブールの街並にはヨーロッパや中東など周辺地域の様式が混ざり合ったような不思議な魅力があるが、そこには当時最強の軍事力を誇ったオスマン帝国のもとで各地の建築様式を学んだスィナンの影響があるだろう。

写真は2015年4月から6月にかけてイスタンブール滞在の際に撮影したものである。



[撮影者:南靖子]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:180 ドバイ及び周辺国
次の記事:178 中世インドヒンドゥー寺院
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

「ガウディをはかる-GAUDI QUEST-」5日連続ギャラリートーク(品川区・3/27-3/31)

建築倉庫ミュージアムで開催中の「ガウディをはかる - GAUDI QUEST -」展にともない、実...

第24回 R&R 建築再生展2019 学生 建築ストック再生コンテスト(応募・〆4/25)

近年、日本では建築ストックの活用が叫ばれ、建築再生の時代へと移行しつつあります。学生の卒業設計でも...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

建築レクチュアシリーズ217 平田晃久(大阪・4/5)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

山岸剛×光嶋裕介「なぜ山岸は光嶋に対話を頼むのか? なぜ光嶋は山岸に撮影を頼むのか? 建築をめぐる写真とことば」『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』刊行記念(世田谷区・3/29)

東日本大震災から8年。3.11をきっかけに東北の大地を8年にわたり撮り続けた『Tohoku Los...

シンポジウム「建築の公共性──誰のためにつくるのか」(港区・3/28)

その建築をだれのためにつくるのか。 発注者のためです。そして同時にそれを使う人のためです。発注者が...

建築写真家・山岸剛作品展示「Tohoku Lost, Left, Found」(中央区・2/26-3/31)

写真家・山岸剛氏による『Tohoku Lost, Left, Found 山岸剛写真集』(LIXI...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る