PHOTO ARCHIVES

179 イスタンブール

179 イスタンブール

イスタンブールは人口1,400万人を超える大都市である。古くから東西の交通の要衝として栄え、ビザンチン帝国、オスマン帝国時代の重要な文化遺産が数多く残っているため、世界中から多くの観光客が集まる。イスタンブールは街の中心がボスポラス海峡と金角湾によって分割されているため、船が市民の身近な交通手段となっている。夕暮れ時に帰宅のために船に乗り、風を受けながら海の向こうのモスクを眺めていると、街の美しさに感動する。

トルコでもっとも有名な建築家にミマール・スィナン(ca. 1489-1588)の名があげられる。ギリシャ人でキリスト教徒の家庭に生まれたが、スルタン直属のイェニチェリ軍に登用するデヴシルメ制度により徴集された。軍人として各地に遠征し、船や橋などの建造に携わり、功績を認められ1538年に宮廷建築家に任命された。遠征先の地中海や中東、東欧など各地の名建築に触れ、調査を重ねたことにより建築に関する造詣を豊かなものにした。
イスタンブールには彼が建設と修理に関わったとされる建築が345件ある。とくに、イスタンブール最大のモスク《スレイマニエ・モスク》やタイルの美しい《リュシュテム・パシャ・モスク》などが有名だ。アヤソフィアの補強工事にも携わっている。
イスタンブールの街並にはヨーロッパや中東など周辺地域の様式が混ざり合ったような不思議な魅力があるが、そこには当時最強の軍事力を誇ったオスマン帝国のもとで各地の建築様式を学んだスィナンの影響があるだろう。

写真は2015年4月から6月にかけてイスタンブール滞在の際に撮影したものである。



[撮影者:南靖子]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:180 ドバイ及び周辺国
次の記事:178 中世インドヒンドゥー寺院
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る