PHOTO ARCHIVES

178 中世インドヒンドゥー寺院

178 中世インドヒンドゥー寺院

民族、言語、環境、宗教、そのほかどのような枠組みをもってしても、インドという国をとらえることは難しい。聖と俗、富と貧、生と死、不変と変化、すべてが境界なく入り混じっている様子に圧倒され、その多様性を「混沌」という言葉により伝える紀行文は数多く出版されている。しかし一方で実際に現地に赴くと、そうした混沌と並存する統一性のようなものを感じることができる。
寺院というものひとつを取り上げても、そこには彫刻群などに多様性に溢れた姿を見ることができるが、同時に寺院として統一された建築空間としての美を見出すことができる。
ヒンドゥー寺院は神が御座す神聖な住居で、像や神のシンボルが置かれる寺院の本殿は光が入らず、重々しく暗い。本殿のみであった寺院は、時代が経ると、儀式などを行なうと考えられる拝殿、さらに柱廊玄関が付随するようになる。玄関から入り本殿に向かうにつれ内部に入る光は絞られ、光から闇へ、視覚的経験の複雑から単純へ、本殿に導かれるよう空間が設計されている。
本殿、拝殿、玄関と連なる寺院平面は、本殿中心を焦点とした、ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラと呼ばれるグリッドシステムによる宗教的力学によって設計されている。そのため寺院の各部分は本殿と正しい比例関係があり、寺院それ自体がヒンドゥー教のコスモロジーを体現する装置となる。
今回紹介するのは、中世ヒンドゥー寺院の代表と称されるカジュラーホの寺院群と、オリッサ州の州都ブバネーシュワルに多く存在する中世の遺構である。喧騒の街を歩いていると、突如として現われる統制された美としての中世の遺構。私たちは時代が錯綜したその様子に戸惑い、圧倒されるのである。しかし現地の人々にとってはそれが原風景なのであり、時空すら飲み込んでしまうインドというものの不思議に調和された魅力を感じるのである。



[撮影者:村松裕(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:179 イスタンブール
次の記事:177 トルコの木造ドーム
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る