PHOTO ARCHIVES

178 中世インドヒンドゥー寺院

178 中世インドヒンドゥー寺院

民族、言語、環境、宗教、そのほかどのような枠組みをもってしても、インドという国をとらえることは難しい。聖と俗、富と貧、生と死、不変と変化、すべてが境界なく入り混じっている様子に圧倒され、その多様性を「混沌」という言葉により伝える紀行文は数多く出版されている。しかし一方で実際に現地に赴くと、そうした混沌と並存する統一性のようなものを感じることができる。
寺院というものひとつを取り上げても、そこには彫刻群などに多様性に溢れた姿を見ることができるが、同時に寺院として統一された建築空間としての美を見出すことができる。
ヒンドゥー寺院は神が御座す神聖な住居で、像や神のシンボルが置かれる寺院の本殿は光が入らず、重々しく暗い。本殿のみであった寺院は、時代が経ると、儀式などを行なうと考えられる拝殿、さらに柱廊玄関が付随するようになる。玄関から入り本殿に向かうにつれ内部に入る光は絞られ、光から闇へ、視覚的経験の複雑から単純へ、本殿に導かれるよう空間が設計されている。
本殿、拝殿、玄関と連なる寺院平面は、本殿中心を焦点とした、ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラと呼ばれるグリッドシステムによる宗教的力学によって設計されている。そのため寺院の各部分は本殿と正しい比例関係があり、寺院それ自体がヒンドゥー教のコスモロジーを体現する装置となる。
今回紹介するのは、中世ヒンドゥー寺院の代表と称されるカジュラーホの寺院群と、オリッサ州の州都ブバネーシュワルに多く存在する中世の遺構である。喧騒の街を歩いていると、突如として現われる統制された美としての中世の遺構。私たちは時代が錯綜したその様子に戸惑い、圧倒されるのである。しかし現地の人々にとってはそれが原風景なのであり、時空すら飲み込んでしまうインドというものの不思議に調和された魅力を感じるのである。



[撮影者:村松裕(東北大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:179 イスタンブール
次の記事:177 トルコの木造ドーム
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

インドのル・コルビュジェ 近代建築を巡る旅(大阪府・9/26)

20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ。彼が唯一、都市計画を実現させたのがインドのチャンディガー...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

これからの時代を切り拓く木造設計手法(文京区・9/21-)

「木の建築塾」は、「木造技術の再確認と再評価」をテーマに活動を行うものの集まりで、2000年10...

「記憶の光跡展」関連イベント(港区・9/28、9/29-10/3)

2018年5月に岐阜県養老町で開催され、2日間で1000人を越える来場者を記録した教育委員会主催アー...

建築情報学会キックオフ準備会議第4回(渋谷区・10/5)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋すること...

Making the City Playable 2018 コンファレンス(千代田区・9/28)

英国のメディアセンター、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げた、「遊び」を通して都市と人が出...

LIXIL出版 中途採用のお知らせ

10+1websiteを運営するLIXIL出版では、 建築・デザインに関する書籍の編集スタッフを募...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

ミサワホームAプロジェクト シンポジウム「時間がよびさます建築」(京都府・9/26)

今回のシンポジウムは、今年度村野藤吾賞を獲得した平田晃久さんと、昨年、青森の八戸美術館と一昨年京都...

「建築」への眼差し -現代写真と建築の位相-(品川区・8/4-10/8)

ニセフォール・ニエプスによって撮影された歴史上初の写真が作業場の窓から見える納屋と鳩小屋の映像であ...

UNBUILT: Lost or Suspended(品川区・8/4-10/8)

建築の歴史はある意味で「敗者の歴史」である。計画取り止めやコンペ敗北の時点から"過去"になることで...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...

WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION(公募・-9/24)

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wiki...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る