PHOTO ARCHIVES

175 函館

175 函館

1854年の開港以来、外国文化と新しい時代の文化が入ってきた函館は、現在では洋館と赤レンガ倉庫、そして五稜郭といった建築物が観光資源の街となっている。函館は東西を海に挟まれ、強風で大火の起こりやすい土地であった。いま残る開港以降の建築は、頻繁に発生した大火との戦いの末に残ったものである。
函館の街、とくに自動車の交通量の少ない西部地区の坂道に立つと、道路の広さゆえの日本離れした景色に驚かされる。北海道は当初より広い碁盤目の街がつくられたと思いがちだが、函館の西部地区の広い道路は、細道や曲り道を整備したものだ。大火を契機に防火対策のために広げられた道幅は、西から東に街が拡大し道路の整備がされてきた歴史を年輪のように記録している。広い道路と大火後につくられた防火建築はその時代の最新の防火技術を使っており、建築を見ることにより大火に負けない街づくりへの熱意をいまも読み取ることができる。

函館市内の移動を助ける函館市電の路線を中心に街のつくりを見てみると、函館湾側は海運業の中心地であり、元倉庫と商家建築が並ぶ。明治期の防火対策建築として、レンガ造漆喰塗の「Cafe dining Joe」、建物の両側に袖壁を備えた「TACHIKAWA CAFÉ」がある。また、1階が縦格子の出窓やささら子下見板張りの壁の和式、2階が縦長窓に下見板張りの壁の洋式といった函館独特の上下和洋折衷様式の建築は、現在、飲食店や小売店として活用されている。これらは木造であるものの、防火対策として袖壁や梲(うだつ)を設けている。
函館は道路幅が広いことから、角地に立つ建築はランドマークの機能をはたしている。とくに、電車通りがカーブする十字街の角地に立つ「函館市地域交流まちづくりセンター」は、もとが百貨店ということもあって正面の円形の主玄関とドーム屋根が華やかな外観をしており、函館を初めて訪れる者には強い印象を与えるだろう。昭和9年の大火で内部を焼失したが、構造的な補強をすることでランドマーク建築が維持されている。また、二十間坂にある「北斗ビル」は函館でよく使われる淡いピンク色の壁で、鉄筋コンクリートブロック造。大正10年の大火後のコンクリート建築の普及に一役買った中村鎮の設計である。
電車通りに面したエリアは、鉄筋コンクリート造建築が坂の上の建物の延焼を防ぐ防火壁の役割を担うと同時に、目抜き通りの建物としてデザインに工夫がなされてきた。たとえば、屋上まわりを波型に、正面の半円模様を施した「SEC電算センタービル」や、白壁に窓枠、屋根に沿うラインの入った「大二物産」の店舗は、シンプルで古びない現代性があり、ロングライフデザインとも言えるだろう。
十字街から谷地頭方面に向かう函館市電の北東側にある銀座通りは、大正10年の大火を経て不燃建築帯として整備された。昭和9年の大火で多くが灰塵となったが、レンガ造、鉄筋コンクリート造、コンクリートブロック造の建築はいまも残っている。大正、昭和の2度にわたる大火を経て、当時の最新の建築技術を取り入れた進取の気質は、モダンな街並みを作り出した。いまも残るモダン建築は新築建築にも影響を与え、「天満つ」は平成の新築でありながら、街並みにマッチしたデザインとなっている。

以上のように、大火に対する取り組みが、道路整備や新しい建築技術の導入、新しいものを受け入れる気質が函館の建築と街並みをつくっていったが、大火を克服した現在では、建築年数・老朽化が建築が失なわれる要因となってきている。そうしたなか、建築を取り壊したうえで、新築のレプリカを建てるという例が見られる。ここで紹介している「ウイニングホテル」「函館市臨海研究所」「弥生小学校」は、いずれも街の景観の要となる角地の建築であり、これまで函館を形づくってきた必要な景観としてその姿を復元したのだろう。大火でなにもなくなったところに新しい建築を生み出した、かつての時代とは異なる建築への眼差しがここにある。
2012年8月に撮影した函館の建築写真を紹介する。



[撮影者:濤岡寿子(近現代建築愛好家)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  小西朝次郎/函館区《旧函館区公会堂》

pic  家田於莬之助/北海道庁《旧北海道庁函館支庁庁舎》

pic  開拓使函館支庁《旧開拓使函館支庁書籍庫》

pic  開拓使函館支庁《旧函館博物館一号》

pic  函館県《旧函館博物館二号》

pic  小南武一/函館市建築課《旧市立函館図書館》

pic  函館市水道局元町配水場管理事務所

pic  陸軍省《旧函館山要塞》

pic  英国工務省上海工事局《開港記念館(旧イギリス領事館)》

pic  リヒャルト・ゼール《旧函館市立道南青年の家(旧ロシア領事館)》

pic  朱英表《中華会館》

pic  河村伊蔵《函館ハリストス正教会復活聖堂》

pic  元町カトリック教会聖堂

pic  萩原惇正《日本基督教団函館教会(旧日本メソジスト函館教会)》

pic  Le Climat Hakodate(旧日本基督教会函館相生教会)

pic  ヤマト佐藤商会(旧堤商会事務所)

pic  (左)太刀川家洋館

pic  山本佐之吉《TACHIKAWA CAFE(太刀川家住宅店舗)》

pic  Cafe dining Joe(旧遠藤吉平商店)

pic  筒井長左衛門《相馬株式会社(旧相馬合名会社)》

pic  安田銀行営繕係《旧ホテルニュー函館(旧安田銀行函館支店)》

pic  関根要太郎《SEC電算センタービル(旧第百十三銀行)》

pic  来々軒

pic  川越電化センター(旧リューリ商会)

pic  ヱビス商会

pic  左=本郷計測機/右=大二物産

pic  関根要太郎《函館海産商同業組合事務所》

pic  La Concha(旧深谷米穀店)

pic  末広町の上下和洋折衷建築

pic  和雑貨いろは(旧轟工業)

pic  古稀庵(旧渡辺商店)

pic  茶房旧茶屋亭(旧近藤商店)

pic  函館昆布館(旧田中商店)

pic  村木甚三郎《旧小林写真館》

pic  弥生町の下見板張り建築

pic  末広町の住宅建築

pic  函館元町の宿饗場(旧饗場守三住宅兼診療所)

pic  日下部家所有建物

pic  日下部家住宅、住宅付属土蔵

pic  加賀谷旗店

pic  豊川町の和風建築

pic  鳥山商事

pic  相馬家住宅

pic  元町日和館(旧寺根家所有建物)

pic  田上義也《日和茶房(プレイリーハウス)》

pic  関根要太郎《鷲見家所有建物(旧亀井家住宅)》

pic  旧はこだて工芸舎(旧岡本家住宅)

pic  函館元町Ready Made

pic  高橋病院天使寮(旧海員ホーム)

pic  佐藤理容院

pic  美容室あみん(旧衛生湯)

pic  小野寺住設

pic  Pain屋、Le comptoir、茶房たかはし、Comme chez vous

pic  宝来パン本店

pic  銀座通りの商店建築

pic  有限会社山田建設《銀座 天満つ》

pic  旧梅津商店倉庫(旧簑浦公証役場)

pic  旧ホテル中央荘(旧中央荘旅館)

pic  阿佐利 本店

pic  井上米穀店

pic  木田組《函館市地域交流まちづくりセンター(旧今井百貨店函館支店)》

pic  中村鎮《北斗ビル(旧目貫商店)》

pic  日本銀行《函館市北方民族資料館(旧日本銀行函館支店)》

pic  豊川町会事務所

pic  函館の蔵

pic  Bar Hanabi(旧国松酒店)

pic  茶房ひし伊(旧入村質店)

pic  茶房ひし伊(旧入村質店)

pic  LEAVES HAKODATE

pic  成田工業

pic  函館の蔵

pic  みかづき工房

pic  旧大黒湯

pic  野村竹松《大正湯》

pic  株式会社日本設計《ウイニングホテル》

pic  函館市臨海研究所

pic  函館市立弥生小学校

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:176 渡辺誠
次の記事:174 日本の駅舎
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る