PHOTO ARCHIVES

174 日本の駅舎

174 日本の駅舎

写真はここ4年ほどのあいだに、日本各地を旅行してきた際に利用した駅を撮影したものだ。駅を見るための旅行をしたわけではなかったのだが、行く先々で撮りためてきた写真を、駅という括りで集めてみたところ、これだけの枚数になっていた。 今回はそのなかでも現存最古の私鉄駅舎である浜寺公園駅から、最近の上州富岡駅まで、私鉄と公営鉄道(と第三セクター)の駅舎を集めて紹介する。作品名は鉄道会社+駅名としており、建設された当時と鉄道会社や駅名が異なる場合は括弧で付記してある。

かつて駅はそれぞれの鉄道会社の顔であり、その地域の顔として建設されてきた。とくに、私鉄は競合する他社との競争のなかで成長してきたという歴史があり、それが私鉄文化と呼ばれることもある。ターミナル駅はこの文化の象徴のひとつといえるだろう。今回紹介するなかでも、東武浅草駅はその代表格。近年リニューアル工事を行ない外観を復元したことからも、いまだにこの文化が色あせていないことが感じられる。 都市のなかにはこのようにそれぞれの文化を発展させていく路線がある一方、各地には、観光地へ乗客を運ぶことが目的の路線がある。そこでは、地域の特色や雰囲気を表現して、地域の顔としてデザインされた駅舎がつくられてきた。しかし、なかにはロバート・ヴェンチューリの『ラスベガス』を思い出させるようなキッチュな駅舎もあり、デザインの方向性について疑問を感じる。

近年になり、鉄道と地域がどのように共生していくのかという課題が浮き彫りになっているように思える。言い換えれば、鉄道と地域は運命共同体であるという認識が少しずついろいろなところで見られるようになってきた。2000年以降、全国で37路線が廃止されている。鉄道が敷設された当時とは社会、地域が一変し、いまでは乗客の大半が高校生という状態を改善できないローカル線がほとんどだ。「乗って残そう」という標語をしばしば見かけるようになった。場所によっては鉄道に乗ること自体を観光の目的にしてもらおうと、さまざまな取り組みをしている場所もある。そんななかで、地域と鉄道の接点である駅がどんな姿となるべきか、いま一度考える必要があるだろう。



[撮影者:関根理(横浜国立大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」

pic  弘南鉄道 中央弘前駅(弘前電気鉄道)

pic  会津鉄道 湯野上温泉駅

pic  真岡鐵道 真岡駅

pic  武井誠+鍋島千恵/TNA《上信電鉄 上州富岡駅》

pic  久野節《東武鉄道 旧東武鉄道浅草雷門駅(現浅草駅)》

pic  中川俊二《京成電鉄 博物館動物園駅跡(京成電気軌道/廃駅)》

pic  渡辺誠/アーキテクツオフィス《東京都交通局 飯田橋駅》

pic  安藤忠雄建築研究所《東京急行電鉄 上野毛駅》

pic  JR国道駅(鶴見臨港鉄道)

pic  鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部東京支社+UG都市建築《横浜高速鉄道 新高島駅》

pic  鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部東京支社+早川邦彦建築研究室《横浜高速鉄道 みなとみらい駅》

pic  鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部東京支社+内藤廣建築設計事務所《横浜高速鉄道 馬車道駅》

pic  鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部東京支社《横浜高速鉄道 日本大通り駅》

pic  鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部 東京支社+伊東豊雄建築設計事務所《横浜高速鉄道 元町・中華街駅》

pic  小田急電鉄 片瀬江ノ島駅

pic  楓の館(長野電鉄 湯田中駅旧駅舎/国登録有形文化財)

pic  長野電鉄 湯田中駅

pic  JR 南甲府駅(富士身延鉄道 甲府南口)

pic  久野節《近畿日本鉄道 宇治山田駅(参宮急行電鉄/国登録有形文化財)》

pic  村野藤吾《近畿日本鉄道 橿原神宮前駅(大阪電気軌道)》

pic  南海電気鉄道 諏訪ノ森駅(南海鉄道/国登録有形文化財)

pic  辰野片岡建築事務所《南海電気鉄道 浜寺公園駅 (南海鉄道/国登録有形文化財)》

pic  南海電気鉄道 高野山駅(高野山電気鉄道)

pic  水戸岡鋭治《和歌山電鐵 貴志駅(和歌山電鐵)》

pic  叡山電鉄 鞍馬駅 (鞍馬電気鉄道)

pic  高松琴平電気鉄道 琴電屋島駅(高松電気鉄道)

pic  伊予鉄道 道後温泉駅(道後駅(旧駅舎建設当時)/1911の駅舎を忠実に再現)

pic  伊予鉄道 大手町駅前停留場

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:175 函館
次の記事:173 沖縄(周辺の島々)
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る