PHOTO ARCHIVES

173 沖縄(周辺の島々)

173 沖縄(周辺の島々)

多島国である日本には多くの有人島が存在するが、なかでも沖縄はその歴史的文脈や他県間との距離という点でやや様相を異にする。定義上離島には含まれない沖縄本島自体も、本土からの隔絶性という面において十分に離島的性格を帯びているといえるが、県内にはほかにも48の有人島嶼がある。
沖縄諸島一帯の集落に比較的共通してみられる特徴として真っ先に挙げられるのは、赤瓦屋根や石垣、門と母屋の間におかれる衝立「ヒンプン」などであろうか。これらが成す集落景観は、青々とした海とともにいまや沖縄のアイコンとなっている。

沖縄の方言に「クサティ」という言葉がある。これは腰当という意味を持つが、沖縄では古くから、家や集落は北風を防ぐ山を腰当にして南面する立地が良いとされてきた。そのためか、島々の集落内を歩いていると、南斜面を削り平地にして建てられた民家を多くみる。平屋建てであることも手伝って、北側の区画からは膝ほどの高さに赤瓦の屋根がみえるのだ。この視認性も、沖縄の景観において屋根が記号的な意味を持つまでになった理由のひとつかもしれない。
風水の理由からも、ファサードが南向きであることは重要である。そのため、南北に伸びた道沿いに建つ家は、道に面して東あるいは西に門があるが、しかし内部には回り込んで南面から入る、といったような配置もみられる。伊江島など東西に長く伸びる島においてはとくに、その傾向は顕著だ。悲劇的な戦争により現在は様相がすっかり異なるが、かつての農道の幹線はすべて島のシンボルである城山から西方向に向かって放射状に伸びていたことが地図などからわかる。

しばしば一括りに語られる沖縄の集落も、注意深くみるとそれぞれの場所において個性的な特徴を多く発見できる。
現在も周辺に好漁場を持ち、夕暮れ時には漁網が一斉に民家の石垣に掛けられて印象的な集落景観をつくりだす浜比嘉島、島民の景観意識が強く、白砂敷きの道路景観が美しい竹富島などの風景も、隔絶性ゆえに生まれた独自性の一場面として数えることができよう。
また、伊計島では「イチハナリアートプロジェクト」が、2012年から3年連続で開催された。廃校となった旧伊計小中学校を軸に、集落を巻き込んで70点以上ものアート作品が展開し、島全体を活気づけている。

ここでは、3月に八重山諸島を、6月、9月に本島周辺の島々を、計13箇所訪れた際の写真を紹介する。



[撮影者:佐々木瞭(東北大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:174 日本の駅舎
次の記事:172 ブリュッセルのアール・ヌーヴォーとオルタ建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

トークイベント「みんなの家、その先へ──3.11から学ぶ明日の住まい、建築」(宮城県・6/21)

地域のコミュニティづくり、街づくりにおいて、建築家の果たす真の役割とは? 行政や企業へ期待するこ...

建築レクチュアシリーズ217 原田真宏、田根剛(大阪・6/8、7/27)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

建築レクチュアシリーズ217 藤本壮介(大阪・5/1)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7回...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る