PHOTO ARCHIVES

172 ブリュッセルのアール・ヌーヴォーとオルタ建築

172 ブリュッセルのアール・ヌーヴォーとオルタ建築

アール・ヌーヴォーの建築家として知られるヴィクトール・オルタは、19世紀末から20世紀にかけてブリュッセルにて多くの建築を生み、2000年にはその邸宅群が世界遺産にも登録された。
加工しやすい鉄の登場が可能とした、植物をモチーフとした有機的でなめらかな曲線による新たな芸術様式、アール・ヌーヴォー。ここで注目したいのが、オルタの建築はアール・ヌーヴォーだけが特徴ではないということ。ブリュッセルの住宅は通常、敷地が細長く、隣の家と密着している。そのため中心部分に光が入りにくい。そこでオルタは階段室などの吹き抜け空間を設け、そこに天井窓などの開口で自然光を取り入れる新たな方法を生み出した。光の当たらない場所に階段を置くのではなく、明るい階段を通して各部屋にも光を取り入れたのだ。光溢れるいきいきとしたその空間は、アール・ヌーヴォーの美しいステンドグラスや手すり、床の模様などの装飾をさらに際立たせる役割も担う。アール・ヌーヴォーがただ装飾という枠にとどまらずこれだけ多くの人に愛されたのは、それを際立たせるような空間、生活をより美しくいきいきとさせる空間設計があったからこそではないか。
ブリュッセルではオルタ以外にも、ポール・アンカール、アンリ・ジェイコブスなどがアール・ヌーヴォー建築家として活躍した。今回はブリュッセルにおける彼らのアール・ヌーヴォー建築をできるだけ細部にわたって紹介できたらと思う。一つひとつに込められた建築家たちの空間づくりに対する思いが感じられるだろう。



[撮影者:三浦麻衣(東北大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:173 沖縄(周辺の島々)
次の記事:171 国鉄の建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る