PHOTO ARCHIVES

172 ブリュッセルのアール・ヌーヴォーとオルタ建築

172 ブリュッセルのアール・ヌーヴォーとオルタ建築

アール・ヌーヴォーの建築家として知られるヴィクトール・オルタは、19世紀末から20世紀にかけてブリュッセルにて多くの建築を生み、2000年にはその邸宅群が世界遺産にも登録された。
加工しやすい鉄の登場が可能とした、植物をモチーフとした有機的でなめらかな曲線による新たな芸術様式、アール・ヌーヴォー。ここで注目したいのが、オルタの建築はアール・ヌーヴォーだけが特徴ではないということ。ブリュッセルの住宅は通常、敷地が細長く、隣の家と密着している。そのため中心部分に光が入りにくい。そこでオルタは階段室などの吹き抜け空間を設け、そこに天井窓などの開口で自然光を取り入れる新たな方法を生み出した。光の当たらない場所に階段を置くのではなく、明るい階段を通して各部屋にも光を取り入れたのだ。光溢れるいきいきとしたその空間は、アール・ヌーヴォーの美しいステンドグラスや手すり、床の模様などの装飾をさらに際立たせる役割も担う。アール・ヌーヴォーがただ装飾という枠にとどまらずこれだけ多くの人に愛されたのは、それを際立たせるような空間、生活をより美しくいきいきとさせる空間設計があったからこそではないか。
ブリュッセルではオルタ以外にも、ポール・アンカール、アンリ・ジェイコブスなどがアール・ヌーヴォー建築家として活躍した。今回はブリュッセルにおける彼らのアール・ヌーヴォー建築をできるだけ細部にわたって紹介できたらと思う。一つひとつに込められた建築家たちの空間づくりに対する思いが感じられるだろう。



[撮影者:三浦麻衣(東北大学)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:173 沖縄(周辺の島々)
次の記事:171 国鉄の建築
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る