PHOTO ARCHIVES

169 ゴルド、ルシヨン──フランスの最も美しい村

169 ゴルド、ルシヨン──フランスの最も美しい村

フランスの田舎には、小規模ながらも、独自の遺産や魅力的な風景を残している村が多数存在する。このような、小さくても美しい田舎の村を、過疎化や破壊から守ろうとする運動がある。
1982年、コロンジュ・ラ・ルージュという小さなコミューンの長、シャルル・セイラックを中心に「フランスの最も美しい村」協会(L'association Les Plus Beaux Villages de France)★1が設立された。この協会は、貴重な歴史的・文化的遺産の保存や景観の保護を目的として、一定の審査基準をクリアした村を「フランスの最も美しい村」に認定している。2014年9月末現在、157の村が登録されており、協会のウェブサイトやガイドブックを通して広く紹介されることにより、観光の促進にもつながっている。フランスで始まったこの運動は世界各地に波及し、日本でも「日本で最も美しい村」連合★2が2005年に発足した。
今回紹介するゴルド、ルシヨンも「フランスの最も美しい村」として認定された村である。いずれもフランス南東部、マルセイユ北方のヴォークリューズ県に位置する小さな村である。県内には「フランスの最も美しい村」が多いが、各村への交通の便は非常に悪い。県西部の街、カヴァイヨンから、タクシーやバスを利用する必要がある。
カヴァイヨンから最初に向かったのは、ゴルド地区にあるノートルダム・ド・セナンク修道院である。1148年に創設され、現在もなお修道士たちが生活するこの修道院は、改築や改修を経ながらも、初期シトー会建築の純粋な姿をいまに伝えている。
ノートルダム・ド・セナンク修道院から山を越えたところに、ゴルドの村の中心部がある。山全体に建物が寄り付き、まるでモン・サン=ミシェルのようなたたずまいを見せる。頂上にそびえたつゴルド城(1031年建設、1525年再建)を始めとして、村には石造りの家、石畳の坂道、石積みの塀と石造りの建造物が目立つ。城の近くにあるロマネスク様式のサンフィルマン教会は、12世紀を起源とするが、現在見られるのは18世紀に再建されたものである。
ゴルドの東方に位置するルシヨンは、黄土が豊富に採れる地域にあり、村の建物も黄土色をしているのが大きな特徴である。村の観光局でも黄土を積極的にPRし、黄土について学べるコンセルヴァトワールまで設置されている。村中心部の城(987年建設)や鐘楼(19世紀改修)なども見応えがあるが、なによりも圧巻なのは、かつて黄土の採掘場だったエリアで、黄土が露出した崖の間を歩くことができる。

★1──「フランスの最も美しい村」協会ウェブサイト URL=http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr
★2──「日本で最も美しい村」連合ウェブサイト URL=http://www.utsukushii-mura.jp



[撮影者:柳井良文(東京大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:170 ダム
次の記事:168 上海・寧波・杭州・蘇州
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る