PHOTO ARCHIVES

168 上海・寧波・杭州・蘇州

168 上海・寧波・杭州・蘇州

これは2014年の春にゼミ旅行で上海、寧波、杭州、蘇州を訪れたときの写真である。
初めて中国を訪れたが、建物と都市のスケールの大きさにまず圧倒された。夜になるといたるところでビルのファサードがイルミネーションで光り輝く様子も、やはり日本にはない風景である。
今回の訪問では外国人建築家の作品を数多く目にすることとなったが、それはOMAの《CCTV本社ビル》をはじめ、世界中の建築家が中国に進出してきていることの現われだろう。今回見たなかでは、磯崎新の《上海証大ヒマラヤ芸術センター》や青木淳の《尚嘉中心》など、日本の建築家が設計した建築も中国の広大な土地に現代の技術力と未来の可能性を試すかのように力強く建っている印象を受けた。曲面を用いている点では共通するが、両者の形態はやや対照的である。《上海証大ヒマラヤ芸術センター》は、オフィスとホテルがそれぞれ両端に配置されそれをつなぐように、コンクリートの有機的な構造体が奇抜な外観を作っている一方で、《尚嘉中心》は、店舗部分のマッシヴなヴォリュームからオフィスビル部に向かって、壁から屋根へ、屋根から壁へと曲面で滑らかに形作られており、ファサードのデザインもそれを強調している。
外国人建築家による巨大でインパクトのある建築が建ち並ぶ景色を目の当たりにした一方で、中国国内の建築家はむしろ、中国の歴史をくみとり、いまの中国にふさわしい建築を考えている。2012年にプリツカー賞を受賞した王澍は、伝統的な職人の技術と方法で現代の中国にふさわしいものを考え、杭州や寧波に数々の建築群を残している。また、上海と東京を拠点に活動しているKUUは、佐伯聡子とKok-Meng Tanによる日本人とシンガポール人のユニットだが、彼らも現代の中国で評価されがちな迫力のあるパースよりも空間やコンテクストに対するアプローチやその表現の仕方を重視しており、小・中規模のものの作品が多い。
外国人建築家の中国への進出はもちろんだが、王澍やKUU、ほかにもneri & huや大舍建築など中国国内の建築の動きにも今後注目していきたい。



[撮影者:齋藤遼介(東北大学工学部建築・社会環境工学科)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:169 ゴルド、ルシヨン──フランスの最も美しい村
次の記事:167 押上界隈──《東京スカイツリー》以後
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る