PHOTO ARCHIVES

168 上海・寧波・杭州・蘇州

168 上海・寧波・杭州・蘇州

これは2014年の春にゼミ旅行で上海、寧波、杭州、蘇州を訪れたときの写真である。
初めて中国を訪れたが、建物と都市のスケールの大きさにまず圧倒された。夜になるといたるところでビルのファサードがイルミネーションで光り輝く様子も、やはり日本にはない風景である。
今回の訪問では外国人建築家の作品を数多く目にすることとなったが、それはOMAの《CCTV本社ビル》をはじめ、世界中の建築家が中国に進出してきていることの現われだろう。今回見たなかでは、磯崎新の《上海証大ヒマラヤ芸術センター》や青木淳の《尚嘉中心》など、日本の建築家が設計した建築も中国の広大な土地に現代の技術力と未来の可能性を試すかのように力強く建っている印象を受けた。曲面を用いている点では共通するが、両者の形態はやや対照的である。《上海証大ヒマラヤ芸術センター》は、オフィスとホテルがそれぞれ両端に配置されそれをつなぐように、コンクリートの有機的な構造体が奇抜な外観を作っている一方で、《尚嘉中心》は、店舗部分のマッシヴなヴォリュームからオフィスビル部に向かって、壁から屋根へ、屋根から壁へと曲面で滑らかに形作られており、ファサードのデザインもそれを強調している。
外国人建築家による巨大でインパクトのある建築が建ち並ぶ景色を目の当たりにした一方で、中国国内の建築家はむしろ、中国の歴史をくみとり、いまの中国にふさわしい建築を考えている。2012年にプリツカー賞を受賞した王澍は、伝統的な職人の技術と方法で現代の中国にふさわしいものを考え、杭州や寧波に数々の建築群を残している。また、上海と東京を拠点に活動しているKUUは、佐伯聡子とKok-Meng Tanによる日本人とシンガポール人のユニットだが、彼らも現代の中国で評価されがちな迫力のあるパースよりも空間やコンテクストに対するアプローチやその表現の仕方を重視しており、小・中規模のものの作品が多い。
外国人建築家の中国への進出はもちろんだが、王澍やKUU、ほかにもneri & huや大舍建築など中国国内の建築の動きにも今後注目していきたい。



[撮影者:齋藤遼介(東北大学工学部建築・社会環境工学科)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:169 ゴルド、ルシヨン──フランスの最も美しい村
次の記事:167 押上界隈──《東京スカイツリー》以後
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トー...

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけ...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

対談 「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」展 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎──視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る