PHOTO ARCHIVES

167 押上界隈──《東京スカイツリー》以後

167 押上界隈──《東京スカイツリー》以後

2012年、東京の下町に世界一高い塔が建った。言わずと知れた《東京スカイツリー》である。新たな電波塔、新たな観光文化の拠点を目指して建設された摩天楼の足元は、いまどのような姿をしているだろうか。
今回紹介する写真は、東京都墨田区の一角、業平・押上界隈の日常の一断面である。あらかじめ断っておくと、ここではいわゆる大文字の建築はほとんど登場しない。あくまで生活する者の目線で、あるいは旅人の目線で、押上界隈の風景を記録した。
業平・押上一帯は《東京スカイツリー》の建設・開業時に多くのメディアに取り上げられたため、実際に訪れたことはなくても、なんとなくのイメージが思い浮かぶ人も多いだろう。一時ほどの勢いはないが、この地ではまだまだ都市の更新が続いている。道路の拡幅、護岸整備、建物の改装、新築など。永らく続く開発ラッシュの傍らで、下町特有の空間は消えつつある。
しばしば用いられる都市開発の手法に、街の「顔」となるような巨大建築物の建設によって活性化を図るものがある。成功の可否はその街のポテンシャルや、それに見合ったプログラム・建築規模であるかを含めた事前・事後のフォローが重要となる。押上界隈も類似した状況にある。近世以降、泥臭く発展してきた街並みと、新たな文化拠点としての広告塔。このクロスブリーディング(異種交配)は、押上一帯をホモジニアスな都市空間にしてしまうのか、それともヘテロジニアスな要素が混交する独自の魅力を持たせることになるのだろうか......。
今後の発展についてはまだまだわからないが、都市空間の変容を感じながら街を歩くには、いまがほどよい時期である。整然と立ち並ぶ超高層のビル群のすぐ側で地元馴染みの商店街からはレトロな音楽が流れ、それらに埋もれるようにして崩れかけたバラックや廃屋が点在する。観光客の客足に一段落が付いたいま、押上界隈は古くから根付く生活圏と、新たにつくられた商店街によって不思議な調和を見せている。日常のなかにあるささやかな風景は、今後どのような空間を失くし、生み出していくのだろうか。



[撮影者:中東壮史(東京理科大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:168 上海・寧波・杭州・蘇州
次の記事:166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る