PHOTO ARCHIVES

166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]

166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]

第一部に続いて、この第二部でもヘルシンキ界隈の建築を紹介させていただく。ヘルシンキでの新しい建築は、挑戦的な建築もしばしば見受けられる。たとえば、本好きで知られるフィンランド人は、図書館への執着が強く、フィンランドでみられる図書館は興味深いものが多い。また、フィンランド人にとっての図書館はたんに本を借りたり、読んだりする場所のみならず、友人と会うために訪れたり、静かな空間でくつろぐために訪れたりと、普段の生活の一部として機能している。さらに、フィンランドの現代教会も興味深く、他のヨーロッパでみられる聖堂とは異なる雰囲気をもっている。最後にフィンランドの木を使った建築も忘れてはならない。これら木の建築において、日本では躊躇してしまうような外壁をすべて木で仕上げたものなどは、その典型であるといえる。森林大国であるフィンランドでは、都市の人口密度がそれほど高くなく、ヘルシンキでも街の中心に森林が多く残っている。その都市構成は、フィンランド人が木と密接な関係を築いてきた結果であると理解できる。また、フィンランド建築の最高学府である「アアルト大学建築学科」では、木造と木質を専門で扱う「ウッドプログラム」というコースが存在する。そこでは、木の特性はもちろん、木を使った革新的な建築に毎年挑戦している。これらを背景とした、ヘルシンキの新しい木の建築が放つ独特のオーラは、昔ながらの懐かしさと新しい建築がもつ新鮮さの絶妙なコントラストにほかならない。第二部では、これらに関連する建築を紹介できればと思う。



[撮影者:坂口大史(名古屋工業大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:167 押上界隈──《東京スカイツリー》以後
次の記事:165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る