PHOTO ARCHIVES

166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]

166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]

第一部に続いて、この第二部でもヘルシンキ界隈の建築を紹介させていただく。ヘルシンキでの新しい建築は、挑戦的な建築もしばしば見受けられる。たとえば、本好きで知られるフィンランド人は、図書館への執着が強く、フィンランドでみられる図書館は興味深いものが多い。また、フィンランド人にとっての図書館はたんに本を借りたり、読んだりする場所のみならず、友人と会うために訪れたり、静かな空間でくつろぐために訪れたりと、普段の生活の一部として機能している。さらに、フィンランドの現代教会も興味深く、他のヨーロッパでみられる聖堂とは異なる雰囲気をもっている。最後にフィンランドの木を使った建築も忘れてはならない。これら木の建築において、日本では躊躇してしまうような外壁をすべて木で仕上げたものなどは、その典型であるといえる。森林大国であるフィンランドでは、都市の人口密度がそれほど高くなく、ヘルシンキでも街の中心に森林が多く残っている。その都市構成は、フィンランド人が木と密接な関係を築いてきた結果であると理解できる。また、フィンランド建築の最高学府である「アアルト大学建築学科」では、木造と木質を専門で扱う「ウッドプログラム」というコースが存在する。そこでは、木の特性はもちろん、木を使った革新的な建築に毎年挑戦している。これらを背景とした、ヘルシンキの新しい木の建築が放つ独特のオーラは、昔ながらの懐かしさと新しい建築がもつ新鮮さの絶妙なコントラストにほかならない。第二部では、これらに関連する建築を紹介できればと思う。



[撮影者:坂口大史(名古屋工業大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:167 押上界隈──《東京スカイツリー》以後
次の記事:165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る