PHOTO ARCHIVES

165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]

165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]

フィンランドの建築と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、世界的な建築の巨匠アルヴァ・アアルトではないだろうか。アアルトが建築界に残した功績に疑う余地はなく、人々が時代を超えてその作品に魅力を感じるのは、アアルトが"自然"に基づいた独自のスタイルを追求したからであろう。そう考えると、これまで本アーカイブで紹介されてきたフィンランドの建築、ヘルシンキの建築において、アアルトの建築作品に比重が置かれてきたのも納得できる。しかし、今回紹介するヘルシンキの建築では、あえてそこから少し距離を置いて、著者の私的な視点から自由かつ横断的にヘルシンキ界隈の建築を紹介させていただこうと思う。掲載作品を選定するうえで用途に大きな縛りは設けず、住宅、集合住宅、公共サウナ、オフィス、商業施設、宿泊施設、複合施設、公共施設、広場などの異なるスケールから、これまであまり紹介されてこなかった作品も含めた。ヘルシンキでは、古い建築と新しい建築が興味深いかたちで同居しており、歴史の移り変わりを体感できる。ヘルシンキの建築に総じていえるのは、主張することや魅せることに必ずしも比重を置いていないことではないだろうか。それは、時に刺激に欠けるかもしれないが、人間を中心に据えた上品な建築とみることもでき、フィンランド人の国民性を如実に表わしている。また、季節によって大きく表情を変えるフィンランドでは、同じ建築でも夏と冬でまったく異なる様相をみせる。それもまた、これらの建築の魅力ではないだろうか。今回、構成の都合上、二部構成とし、用途は問わず古いものから順に紹介していく。



[撮影者:坂口大史(名古屋工業大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]
次の記事:164 ユハ・レイヴィスカ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る