PHOTO ARCHIVES

165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]

165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]

フィンランドの建築と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、世界的な建築の巨匠アルヴァ・アアルトではないだろうか。アアルトが建築界に残した功績に疑う余地はなく、人々が時代を超えてその作品に魅力を感じるのは、アアルトが"自然"に基づいた独自のスタイルを追求したからであろう。そう考えると、これまで本アーカイブで紹介されてきたフィンランドの建築、ヘルシンキの建築において、アアルトの建築作品に比重が置かれてきたのも納得できる。しかし、今回紹介するヘルシンキの建築では、あえてそこから少し距離を置いて、著者の私的な視点から自由かつ横断的にヘルシンキ界隈の建築を紹介させていただこうと思う。掲載作品を選定するうえで用途に大きな縛りは設けず、住宅、集合住宅、公共サウナ、オフィス、商業施設、宿泊施設、複合施設、公共施設、広場などの異なるスケールから、これまであまり紹介されてこなかった作品も含めた。ヘルシンキでは、古い建築と新しい建築が興味深いかたちで同居しており、歴史の移り変わりを体感できる。ヘルシンキの建築に総じていえるのは、主張することや魅せることに必ずしも比重を置いていないことではないだろうか。それは、時に刺激に欠けるかもしれないが、人間を中心に据えた上品な建築とみることもでき、フィンランド人の国民性を如実に表わしている。また、季節によって大きく表情を変えるフィンランドでは、同じ建築でも夏と冬でまったく異なる様相をみせる。それもまた、これらの建築の魅力ではないだろうか。今回、構成の都合上、二部構成とし、用途は問わず古いものから順に紹介していく。



[撮影者:坂口大史(名古屋工業大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:166 ヘルシンキとその周辺の建築[2]
次の記事:164 ユハ・レイヴィスカ
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る