PHOTO ARCHIVES

164 ユハ・レイヴィスカ

164 ユハ・レイヴィスカ

ユハ・レイヴィスカ。フィンランド国内において、その名を知らない人はいないと言っても過言ではないほど、彼がフィンランド建築、ひいては北欧建築に残してきた功績は大きい。レイヴィスカは、設計活動に加えて、大学での講義、ピアニストとしての演奏会など、建築以外の分野でも精力的に活動してきた。道端でばったり出会った際には、楽しそうに話す彼の笑顔は、相手も楽しい気持ちにさせる不思議な力がある。そんな彼も78歳となったいま、建築家としての最終作品に全精力を注いでいると聞く。レイヴィスカの建築の最大の特徴は、形態と光の織りなす絶妙な陰影をもった空間ではないだろうか。その空間は、とらえ方によって、ある意味難解であるが、それと同時に感情に直接訴えかけてくる。また、光と影のパターン、連続的に変化する形態により構成される空間からは、レイヴィスカ独特のリズムを感じる。これは、ピアニストとしても有名な彼の繊細さとリズム感が、彼の作り出す建築に如実に現われているのではないだろうか。さらに、彼の作り出す空間には、彼自身がデザインした照明がしばしば用いられる。そんなところからも、彼の光に対する繊細な姿勢がうかがえる。その照明は、彼の叙情的な空間を構成する重要なエレメントとして、静かにそしてやわらかにその存在を示している。一度、彼の建築に足を踏み入れると、空間の垂直方向、水平方向と光の陰影がもたらす安定感によって、独特の落ち着きを感じる。今回、2009年9月から2014年1月の間に撮影した写真のなかから、彼の事務所で取り組んだ照明、集合住宅、教会、教育施設など異なるスケールの建築を紹介する。



[撮影者:坂口大史(名古屋工業大学大学院)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:165 ヘルシンキとその周辺の建築[1]
次の記事:163 九州
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る