PHOTO ARCHIVES

162 インドネシアのカンポン

162 インドネシアのカンポン

大学院時代(2011-2013)に地域的建築を学ぶために、インドネシアにおけるいくつかのカンポンを回ってきた。カンポン(インドネシア語=kampung、英語=kampong)とはインドネシア語で「原住民の村」という意味である。インドネシア共和国は1.7万以上の島々で構成された島国であり、そこではさまざまな民族や文化が存在している。そのなかでも今回はジャワ島とカリマンタン島にあるカンポンの写真を紹介したい。
首都ジャカルタを抱えるジャワ島はインドネシアでもっとも人口が多い島であり、古くから政治と経済の中心地であった。4世紀から16世紀かけて、ヒンドゥー教や仏教を信仰する王国があったため、イスラム教が宗教の大半を占める現在においても、この島には当時の文化や地域的建築の名残がまだ残っている。ジャワ島の中部にある、かつて王国があった周辺には、カウマン(Kauman)、コタ・ゲデ(Kota Gede)、ソンダカン(Sondakan)というカンポンがあり、そこの住民たちは国王やその家族の生活のニーズを満たすため、職人や商人としての生活を続けてきた。そのため家の中には作業場や店舗があり、カンポンのなかにもモスク、路地、ゲートなど、コミュニティによってつくられた地域の共有的施設がある。一方、カンポン・ナガ(Kampung Naga)、マジャレンカ(Majalengka)、ンギビカン(Ngibikan)、サンギラン(Sangiran)という中心部から離れた、山間部のカンポンでは、おもな産業が農業であったため、村が農地に囲まれており、カンポンのなかに米の保存や脱穀などを行なうための地域共有の納屋や小屋がある。
ジャワ島の北に位置するカリマンタン島(ボルネオ島)は島国インドネシアでもっとも大きな島である。古くからこの島では川が貿易や地域の情報交換の場として使われ、住民生活と密接に関わってきた。例えばロック・バインタン(Lok Baintan)カンポンでは、住民たちの家は川岸に並んでいる。またスンガイ・ジンガー(Sungai Jingah)カンポンではカンポン自体が川の上に位置している。家の形態はジャワ島の家と異なり、川に適応するため、多くが高床式の家になっている。カンポンのなかではコミュニティによりつくられたモスクと木でできた小道がある。
紹介した二つの島におけるカンポンの特性は異なるが、共通点として各カンポンはそれぞれの地域が持つ歴史や土着の文化、地形などを反映した造りになっていたということである。今回取材をしてみて、コミュニティのなかの絆が非常に強いと感じた。カンポンの部外者である私はおもてなしをうけながらも少し警戒されたので、写真を撮るときはどうしても気が引けてならなかった。



[撮影者:ヘニ・オクトリヤニ・ウイジャヤ(九州大学大学院修了)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:163 九州
次の記事:161 四国
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る