PHOTO ARCHIVES

162 インドネシアのカンポン

162 インドネシアのカンポン

大学院時代(2011-2013)に地域的建築を学ぶために、インドネシアにおけるいくつかのカンポンを回ってきた。カンポン(インドネシア語=kampung、英語=kampong)とはインドネシア語で「原住民の村」という意味である。インドネシア共和国は1.7万以上の島々で構成された島国であり、そこではさまざまな民族や文化が存在している。そのなかでも今回はジャワ島とカリマンタン島にあるカンポンの写真を紹介したい。
首都ジャカルタを抱えるジャワ島はインドネシアでもっとも人口が多い島であり、古くから政治と経済の中心地であった。4世紀から16世紀かけて、ヒンドゥー教や仏教を信仰する王国があったため、イスラム教が宗教の大半を占める現在においても、この島には当時の文化や地域的建築の名残がまだ残っている。ジャワ島の中部にある、かつて王国があった周辺には、カウマン(Kauman)、コタ・ゲデ(Kota Gede)、ソンダカン(Sondakan)というカンポンがあり、そこの住民たちは国王やその家族の生活のニーズを満たすため、職人や商人としての生活を続けてきた。そのため家の中には作業場や店舗があり、カンポンのなかにもモスク、路地、ゲートなど、コミュニティによってつくられた地域の共有的施設がある。一方、カンポン・ナガ(Kampung Naga)、マジャレンカ(Majalengka)、ンギビカン(Ngibikan)、サンギラン(Sangiran)という中心部から離れた、山間部のカンポンでは、おもな産業が農業であったため、村が農地に囲まれており、カンポンのなかに米の保存や脱穀などを行なうための地域共有の納屋や小屋がある。
ジャワ島の北に位置するカリマンタン島(ボルネオ島)は島国インドネシアでもっとも大きな島である。古くからこの島では川が貿易や地域の情報交換の場として使われ、住民生活と密接に関わってきた。例えばロック・バインタン(Lok Baintan)カンポンでは、住民たちの家は川岸に並んでいる。またスンガイ・ジンガー(Sungai Jingah)カンポンではカンポン自体が川の上に位置している。家の形態はジャワ島の家と異なり、川に適応するため、多くが高床式の家になっている。カンポンのなかではコミュニティによりつくられたモスクと木でできた小道がある。
紹介した二つの島におけるカンポンの特性は異なるが、共通点として各カンポンはそれぞれの地域が持つ歴史や土着の文化、地形などを反映した造りになっていたということである。今回取材をしてみて、コミュニティのなかの絆が非常に強いと感じた。カンポンの部外者である私はおもてなしをうけながらも少し警戒されたので、写真を撮るときはどうしても気が引けてならなかった。



[撮影者:ヘニ・オクトリヤニ・ウイジャヤ(九州大学大学院修了)]

→ 「公開の原則と著作権について」
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:163 九州
次の記事:161 四国
Photo Archives|五十嵐太郎

INFORMATIONRSS

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る